Darkside(リンクエラー修正しました)

<< 前のページ

2016年12月8日(木) 22:24

いろいろ見落とし

 スクリプト実行時間と、走行ラインのバリエーションのバランスをどう取るか。

 棒磁石に差し掛かってから、逆重心移動を開始する。開始タイミングは固定。
 終了タイミングを変化させたうえで、終了後に折れ線走行を実行。
 スクリプトが出力した解は、強烈にイン攻めするものだった。というのも、結果の速遅判定でイン寄りほど有利になるようにしているからだ。ここを曲がった後は、左寄りのエントリーで入るのが望ましいヘアピンが待っている。

 だが、途中経過を再生させて驚いた。このコーナー手前で大きく右に走行ラインが膨らんで、そこから左旋回でインを突いている。こんな軌道が最速のわけがない。
 すぐに気付いた。スクリプトの記述ミスで、重心移動だけでなく右ハンドルも同時に切られていた。要するに、解はゴミである。こういうことがあるから、スクリプトが幾つかの解を出して来たら再生して途中操作を確認するのだが、他にやりたいことがあったりして長時間放置することも良くある。

 スクリプトを修正すると、遅い解しか出て来なくなった。
 だが、クリッピングポイントで比較すると、速い。これは、脱出ラインがイン寄りになるのを優遇し過ぎた速遅判定が不適切ってことだろう。
 更に見落としていたことがある。最高速到達後は、ガードビームに接触しながら曲がる方が速いことがある。それは、年以上の長期に渡って最適化の研究を続けたミュートシティーで明らかだ。ここはほぼ45度のコーナーだから、棒磁石があるとはいえインをケズった方が速いかもしれない。

 ケズって減速した解がどれぐらい速いかは、速度を見れば分かる。タイムアタックの速度域では、最高速未満の内部速度は4フレームに1の割合で上がる。つまりはフレームあたり0.25であり、1未満の速度を記録しているメモリーが存在するのは自明である。走行距離の計算には使用されていないが、速度の計算には使用されているはずのメモリー。やはり確認しておくべきだ。
 これを確認すれば、実走させずに速度変化および走行距離が計算可能になる。減速解の速さを的確に評価できるようになる。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2016年12月7日(水) 21:32

やはり曲がれない

 試しに自動運転で棒磁石地帯を走行させたところ、予想通り中間コーナーを曲がり切れずにアウト側の棒磁石に突っ込んでしまった。
 やはり操作手順をモデル化して絨毯爆撃するしかない。

 では、棒磁石がある状態で、どのようにモデル化すれば良いか?
 この棒磁石には特徴があり、平行に走行しつつ逆方向に重心移動すれば対抗可能。つまり、重心移動による横シフト力と磁力は同一なのだ。これは当然ながら普通に発売当時からの常識で、素早く棒磁石と平行に進路を合わせてしまえば重心移動で楽々走行できる。

 となれば、これまでの旋回探索で直進していた部分を重心移動併用直進に置き換えて、類似の折れ線走行すれば良いのではないか?
 方針は決まったのだが、突然パソコンの空冷ファンが停止してモニター画面が真っ暗になった。誰かが電源コンセントを引き抜いたかのような現象だ。

 少し前から空冷ファンが異音を出すようになっていたので、そろそろ空冷ファンが寿命で要交換だろうとは思っていた。いちおう動いているからと放置したら、パーツが熱で壊れたのか?
 筐体のフタを開けて電源を入れると、異音を発しているのは電源モジュールの空冷ファンだった。CPUか筐体の空冷ファンが異音を出していると思っていたが、違っていた。早い話が、電源が壊れたのだ。

 実働時間がそろそろ5年に近付いているから、寿命でも不思議はない。新品の電源ユニットを買って来て交換したが、うちのサイトが1日落ちていたのは言うまでもない。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2016年12月6日(火) 21:59

棒磁石地帯へ

 アクセル瞬断&クイックターンで、棒磁石地帯へ。

 ここは45度のコーナーなので、クイックターンで減速せすに済む。
 しかし、曲がった後が厄介。コースの左右交互に棒磁石が設置されていて、吸い寄せられる。くっついたら当然の大減速だ。
 実のところ慣れるとスムーズに走り抜けるのは簡単で、上級者なら誰でも似たような走り方になる。棒磁石出口端を狙って走行し、合計3つある棒磁石の出口端をハシゴするように走れば良い。

 だが、その走行ラインは明らかに走行距離が長い。操作ミスの存在しないTASにおいては、危険を犯しても最短走行距離を狙うべきだ。となると、人力実機プレイの常識が流用できない。果たして、どのような操作でどう走行するのが最適かは不明。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4