Darkside(リンクエラー修正しました)

<< 前のページ

2019年10月14日(月) 19:55

パワー系5V

 電源部の配線濁流から2組を取り出し、コネクターを取り付けた。
 これは、システム主電源をONにして初めて通電する7.2V系である。リチウムポリマーなら、7.4V系となるが。

 1つは、PIC電源。個別の三端子レギュレーターで、5V化される。
 もう1つは、パワー系5V電源となる DC-DC コンバーターへ入力。

 射撃試験用基板から取り外した DC-DC コンバーターに、正式な配線をハンダ付けし直す。

 配線の先端に、コネクターを取り付ける。

 5V出力側は、3系統。
 プラグが付いているのは、Jetson Nano 接続用。
 残る2系統は、1つが電動マガジン用で、1つが予備。

 電源部のコネクターに接続し、システム主電源スイッチに連動して5Vが出力されることを確認する。

 主電源スイッチも、DC-DC コンバーターも、正常動作しているようだ。

 Jetson Nano は、最大4Aを消費する。10Aぐらい必要になってもこの電源は大丈夫であり、将来の後継機種で消費電力が増えても対応可能。

written by higashino [ラジコン用エアガン] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2019年10月13日(日) 21:10

エアガン電源配線

 ヒューズホルダーと、電源コネクターをハンダ付け。
 ヒューズホルダーは、高信頼なカー用品。ラジコンだが車載するので、間違いではない。最大30A対応のホルダーに、20Aのヒューズをセットしてある。

 これだけ見ると何でもない作業だが、配線が太いため全長が適切でないと引き回せなくなる。隣接パーツの位置を確認しつつ、配線を適切な位置で切断せねばならない。ここでミスし、切断とハンダ付けをやり直している。
 更に、配線が太いことで熱が遠くまで回り、熱収縮チューブが待機位置で収縮。使用不能になった。

 そこで、剥き出しの配線をそのまま活用。ショットキーバリアダイオードを、直接ハンダ付け。
 更に、スイッチ用FETもハンダ付け。自然な流れのまま一種の空中配線で、回路を組んでしまった。

 ショットキーバリアダイオードは常時耐電流10Aの2並列で、用途はもちろんターンオフサージ対策。

 今回はFETのソースとゲート間に、51KΩのプルダウン抵抗を取り付けてある。そのため、単独放置してもFETは確実にOFFになる。
 だったら、ゲート配線をコネクターで引っ張り出しても良いのでは?

 コネクターが外れても、フェイルセーフは保たれる。
 いっぽうコネクター化により、この配線全体をメカボックス・ステーに取り付ける必要がなくなる。配線の引き回しも、自由度が高くなる。

 これなら最初から、電源部に直結して組み立てれば良かった気もする。電源コネクターが、無駄だ。とはいえ、メンテナンス性は現状の方が上である。

 電動エアガン電源配線とFETスイッチが一体化したこのパーツが分離配置されるよう変更されたことで、短絡対策が重要になった。
 オートウエルドで、完全に固める。短絡防止、金属部の劣化防止、そして機械的外力対策。隣でハンダ付けしても平気な、耐熱性もある。

 オートウエルドは、開封しても25年保証である。混合硬化後の寿命は不明だが、10年単位の使用に耐えられるのは疑っていない。長く愛用するための品に使うなら、最高の選択だ。ただし、高電圧の絶縁が必要な場合だけは、回避したい。例えば、コイルガンの加速用コイル。

written by higashino [ラジコン用エアガン] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2019年10月12日(土) 21:55

地味な大改良

 メカボックス・ステー下面のスペーサー。
 電動マガジンのギアボックスと干渉する可能性がある場所を回避。

 尾部閉塞用ネジに対応した、ナットをハンダ付け。
 メカボックスを取り付けた場合、モーターが邪魔になってこのナットにアクセスし難い。そのため、最初からハンダ付けしておくことにより使い勝手が大幅に向上する。これまでは、ナットを取り付けずに撃つことも多かった。

 ナットの緩み止めも、不要になる。

 次にネジ反対側のワッシャーもハンダ付けしようとして、ミスに気付いた。

 メカボックスが浮くのを防ぐための金具を取り付けようとしたところ、基板取り付け用スペーサーと干渉していたのだ。完全に、この金具を失念していた。

 金具の方を少し切断することにyり、対処。

 更に現物合わせで、ワッシャーをハンダ付け。これにより、いちいちワッシャーをハメずに尾部閉塞ネジを突っ込めるようになった。
 ワッシャーぐらい大した手間ではないが、2つのネジが接近しているためワッシャーは一部を切り欠いている。つまり、ワッシャーが正しい向きになっていないと、2つのワッシャーが重なってしまう。ネジを締める際には非常にワッシャーが回転し易く、実は相当なストレス源だった。

 ナットとワッシャーのハンダ付けにより、ストレスが極小になった。見た目ほとんど同じだが、使い勝手は全く異なる。地味な改良により、どんどんメンテナンスし易くなる。これは、長く愛用するために重要なことだ。

written by higashino [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4