Darkside(リンクエラー修正しました)

<< 前のページ

2017年1月6日(金) 22:03

囲碁の神

日本のプロ棋士で人工知能絡みのつぶやきを多く行っているのが大橋拓文

今回の件は衝撃が大きかったようで、ちょっと不安定ぎみ。
先=2子という謎理論には、既に大量のツッコミが入っているようだ。

先=2子という理論は、2手目以降の白と黒の着手が見合いになっていて価値相殺されるとすれば、という仮定の上に成り立っている。
だがそんな仮定が成立するなら、1手目以降の黒と白の着手だって見合いになっているのが自然であり、そうするとそもそも先番優位が存在しなくなる。
つまり、仮定がおかしい。無限級数の合計を計算ミスしました、みたいな話である。

ちなみに囲碁の神様がいるとしたら少なくとも、Masterに99%勝つ存在に99%勝てると思います。人類の進化に例えれば、現在の人間囲碁は石器時代レベル。Masterは電気を発明、囲碁神はインターネットより高速。ぐらいと想像しています。

完全解析できる存在=神とすれば、
Masterに99%勝つ存在に100%勝てる
という記述が的確だろう。完全解析できるのに1回でも負けるとすれば、それはコミがおかしい。

仮に完全解析できなくても神たり得るとすれば、現在の AlphaGo でも十分に神だ。
人間が神と打てばこうなる、という気分に浸りながら観戦可能なレベルにある。

ところで、囲碁を打つ人工知能をガンガン強くして何の意味があるのか?
もちろん将来的にダウンサイジングされて個人が使えるようになれば楽しいが、やはり深層学習の効果を宣伝する意味が大きい。
Google 自身にとっても、深層学習に投資する確信を持つことができる。具体的に、現在の Google は深層学習に特化したハードウェアを製作している。
深層学習の威力に確信が持てれば、心置きなく存分にカネを注ぎ込めるわけだ。

written by higashino [ネット・PC] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2017年1月5日(木) 21:11

再臨

正月が終わって俗世に戻って来たら、完全に話題に乗り遅れていたことに気付いた。
年末年始に、ネット上に AplhaGo が降臨していたのだ。

突然ネット碁に正体不明の無敵棋士が出現し、トップ棋士を次々に撃破という展開はヒカルの碁そのまんま。
ただし最初から人工知能だと思われていたし、ヒカルの碁とは異なりネット碁は中韓のものだった。もちろん sai というハンドルではなく master を名乗っていた。
それでもヒカルの碁の佐為が消えずにネットで戦い続けていたら、というifをリアルで見せられているような展開は、多くのギャラリーを興奮させたようだ。
最初に書いたように、自分は祭りに遅れてしまったが。

実際には大半のトップ棋士には最初から話を通してあったようで、正体分かった上で打っていたようだ。
世界ランキングの上位まるごと含めての対戦で、60勝無敗。コウも仕掛けるし戦闘の読みも的確で、セドル戦のときに見せた弱点はすっかり解消されている模様。
学習を単純に継続させただけでは修正できそうにない弱点に対処して来た Google は凄い。

そりゃセドル戦の状態では「AIに自動運転なんて大丈夫か?」と懸念されかねないから何とかすべきだったが、もうそんな懸念の薄れてしまうインパクトだ。

written by higashino [ネット・PC] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2017年1月3日(火) 23:59

音楽CD取り込み

 整理する上でも、実際に視聴する便宜の点でも、CDはファイルとして取り込みたいのは言うまでも無い。今では記録メディアの容量も大きくなっているので、mp3で容量を稼ぐよりもWAVで無劣化取り込みは当然。
 だが、いざ取り込みやると逆に整理が大変で、やってられない。

 取り込む時にアルバム情報をネットから引っ張ってくれるのだが、これがマトモに機能しない。古いCDは軒並み情報を拾えず、ゲームサントラ系は全滅。取り込んだファイルにいちいち手動で名前を付けて整理して・・・などやってられない。
 ちょっと取り込んだだけで、やってられなくなって放置。

 ところが最近になって、iTunes がCD取り込みツールlとして超絶優秀であることが判明。
 ありとあらゆるCDを取り込んで勝手に整理してくれる。こっちはCDを入れ替えるだけだ。30年前のCDだろうが、ゲームサントラだろうが、すべて情報を取得して自動整理してくれる。
 どれぐらい凄いかと言うと、昨夏にTASを製作したばかりのPSリッジのゲームディスクを食わせたら、なんでもないように音楽名を取得して取り込んでしまった。プレステの初代リッジレーサーは特殊で、トラック1にゲームプログラムが入っているが、トラック2以降は普通の音楽CDになっている。ゲーム中に適当な音楽CDに入れ替えると、BGMの差し替えができてしまうという点でも発売当時は話題になった。
 これが、ちゃんとトラック1を飛ばしてトラック2から取り込んでくれるのだ。ゲーム内の曲名までちゃんとファイル名に付けてくれたうえで。

written by higashino [ネット・PC] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2016年5月6日(金) 21:57

最後の頼り

 ヤフオクで中古機を2つ確保。

 当初の予定では、部品取りで基板だけ抜こうと考えていた。しかし、幸いなことに2つとも、そのままの状態で動作した。そこで、SIMを挿し替えて当分はそのまま使うことにした。基板以外が壊れたりバッテリーがヘタったりすれば、これまで使っていた奴を逆に部品取りすれば良い。その方が、手間が掛からない。
 想定外だったのは、フルバックアップから復活させてもOSのバージョンは反映されないこと。戻し先のハードにインストールされていたOSが、そのまま有効になるようだ。すなわち、iTunes
でフルバックアップしてもそれにOSは含まれない。このあたり、Windows とは違う。

 かくして強制的に最新OSになってしまったが、懸念したほど遅くはないし使い勝手が良くなっている部分もあるから、まあいいかという感じだ。よく言われるバッテリーの持ちに関しても、ユーザーが散々文句言ったから酷い状態は脱している模様。
 ところが、フルバックアップでもバックアップされない諸々が発覚。

 まず、Bluetooth キーボード。バックアップから戻しても、ペアリングは再度行わねばならない。それぐらい大した手間じゃないと言われそうだが、箱もマニュアルももう無い。そう、ペアリング手順など忘却の彼方。こういう事態があり得ることを失念していた。
 先日修理したキーボードで、機種番号も不明なのでネットでマニュアルを落とすこともできない。店頭では、もう見つからない。

 画像検索すると、それらしい製品が僅かに引っ掛かった。
 型番と思しきものが判明し、マニュアルは不明だが幸いにしてペアリング手順の記述を見つけた。無事にペアリング成功。ついでに、まだ売っているショップが1つだけ見つかったので注文しておく。思った以上に入手難になっているが、お気に入りなのだ。いや、不満はいろいろあるが、市販品ではマシな方。超小型キーボードは
W-ZERO3 のが最高の出来で、あのキーボードだけ Bluetooth にしてくれれば言うこと無しなのだが。

 数日後、残念なメールが届いた。
 入荷の見込みが無いので、注文をキャンセルさせていただきますという、ショップからの通知だった。在庫無いのに在庫ありとして売ってたのかよ!
 そのショップ以外は、在庫が無いから無いと正確にサイトに表示していただけだった。

written by higashino [ネット・PC] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2016年5月5日(木) 23:04

解決していなかった

 この話には、とんでもない後日談がある。
 修理は、失敗していたのだ。

 フロントパネルの交換直後は、確かに普通に使用できた。しかし、勝手に低速で上向きのスクロールする現象がすぐに発生。やがて、スライドロックを外せなくなった。これまでの動作不良を高速でなぞるかのように症状が悪化し、丸1日経過した時には殆ど元の木阿弥となってしまった。
 壊れていたのは、フロントパネルではなかったようだ。

 こうなるとシロウト修理では無理だ。
 さっそく修理業者を探す。まずは、新宿のiPhone修理工房。
 持ち込んで、フロントパネル交換で駄目だったことを伝える。
 周辺ケーブルぐらいなら障害対応可能だが、基板の交換は出来ないと言われる。
 フロントパネルは自前で交換したから何か壊した可能性は、確かにある。しかし、交換前と症状が全く同じなので、壊した可能性よりも、フロントパネル以外が故障している確率が高い。そうなると、基板交換に対応できない業者は無能過ぎる。修理不能でも技術料を取られるので、そのまま持ち帰る。

 それでは、基板の修理に対応できそうな業者はどこか?
 更に検索を行うと、新大久保の Apple Repair が候補に。水没修理にも自信ありで、故障箇所を調べてから故障部分だけを交換すると謳っている。
 しかし、ここもいざ持ち込んでみると宣伝倒れ。何と、タッチスクリーンが反応しない場合は、無条件でフロントパネルを交換すると言うのだ。交換して症状が直らない場合は、修理不能だそうな。をいをい、それって修理箇所の調査も行わないってことかよ。嘘つき過ぎる。

 たった2業者を回っただけだが、いずれもマンションの一室に何人か集まって修理やっているレベル。これでは、自分で修理するのと大差ない。自分では不可能な特殊技能を持った集団であるかのように思えたが、それはサイト上の誇大宣伝もしくは誤認誘導だ。
 かと言って正規代理店に修理に出すのが論外なのは、言うまでもないだろう。代金はともかく、修理期間が長過ぎる。正規修理は、修理を受け付けているというポーズだけで、事実上は全く役に立たない。即日とは言わないまでも、翌日には修理完了ぐらいでないと、話にならない。

 こうなると、ヤフオクで中古やジャンクを手に入れて、部品取りするしかあるまい。
 症状はどんどん悪化し、操作不能時間が長くなっている。早く動かなければ、アウトだ。

written by higashino [ネット・PC] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4