Darkside(リンクエラー修正しました)

<< 前のページ

2017年1月1日(日) 23:54

新年になったけど

 ファイバーレーザーは引き続き停止中。
 ソフトウェアだけでなくハードウェアの場合も、再開するには大変なエネルギーが必要になる。記憶が薄れていると、FBGミラーを換装するにもどこの光ファイバーを切ってどこを入替えるかその正確な位置を把握するまでが大変なのだ。
 確認ができるまでは一歩も作業は進められず、それなら記憶が継続しているTAS製作など続行しよう、となってしまう。

 それでも完成が見えているならモチベが上がるが、現状FBG換装しても発振するかどうか疑念を抱く状態である。最後の望みが絶たれたことw確認するだけに終わるかもしれない恐怖。
 敗因の1つは側面励起の威力が分かっていなかった点にあり、もう1つは安易に1064nm仕様にしたこと。

 ファイバーレーザーはYAG波長に近いが、大抵は1080nmであり短波長でも1070nmまでである。1064nm発振のファイバーレーザーは存在するがレアだ。
 1064nmで発振させればYAG関連パーツ使い放題で便利なのに、なぜ半端に波長の長い仕様ばかりなのか?
 その意味をもっと考えるべきだったかもしれない。なまじ自作ということで、だったら1064nmで作ろうとしたのが安直だった。

 1064nmでは1070〜1080nmより発振しにくい原理は最初から理解していたが、ファイバーレーザーは広範囲の波長で発振可能という情報もあって甘く考えてしまった。研究用ではなく加工用の大出力ファイバーレーザーは、みんな波長長めなのに。
 1070〜1080nm発振のため新規ミラーを調達するのは可能だが、側面励起ではないという問題がそのままでは無駄金になりかねない。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2016年8月10日(水) 21:01

新OC

 実のところ、新OCは遥か前に到着している。

 しかし、当分は更に放置しておく。
 TAS製作もまた、中断すると再開までの頭の切り替えが面倒だ。それに、暑い季節は固体レーザーを動作させる気にならない。完成後ならまだしも。

 調達した芯OCは、まるでコンシューマ用製品みたいにサービスされている。固定用ネジが同封されているばかりか、熱伝導シートまで同封されている。鉛色なので視認し難いが、中央のヒートシンク本体の右側に、ピンクのクッション材で押さえ付けられている。

 スペックは予定通りの反射率約20%で、実測データーシートが個々に付属している。
 自前でヒートシンクを後付けしたものとは異なり、完成パッケージとしてヒートシンクまで一体化されている強力なパーツだ。発注時点から、シグナル100ワットに励起100ワットという仕様になっており、その前提で製作された代物である。過熱が原因で燃えるということは、無いはずだ。

 レーザー関連のパーツ大半に言えるが、この手のものは注文する側が必要なスペックをメーカーに伝え、交渉を繰り返した末に納期何週間あるいは何ヶ月でオーダーメイドということになる。どこかのサイトでカード番号を打ち込めば注文できるようなものではない。
 だから、ネットで見て出来心で製作しちゃいました、などということは起こらない。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2016年5月18日(水) 21:10

今後の予定

 今後だが、いちおう新OCは調達するつもりである。
 燃えずに耐えているHRを製造したハイパワー・ファイバーレーザー対応メーカーに対し、4年前に引き続き発注する。
 しかし、製作ペースは落とし、他ネタの合間に作業を進めるつもりだ。

 まずは、出費を抑えて軍資金を溜めるのに最強に役立つTAS製作。
 そして、これまでに無かったネタとして、ラジコン搭載用エアガンの開発。

 TASに関してはエミュレーターの進歩に左右されるため、時々最新の状況を確認する必要がある。これまで製作できなかったゲームのTASが、新たに製作可能になることがある。
 そっちは従来やって来たことだが、今更ラジコン搭載用エアガンとはどういうことだ?と疑問に思われるかもしれない。

 コイルガン搭載ラジコン戦車を作ったりして、ラジコンに強力すぎる武装を搭載しても楽しむのが不可能であることを実感した。安全に遊べる場所が無いのだ。結局のところ、ラジコンには穏当な威力の武装しか搭載できない。もちろん威力が弱過ぎても楽しめない訳で、そうすると合法エアガンが手頃なのだ。
 ラジコン戦車にエアガン搭載というのは市販品が幾つも出ており、社会通念上許容されると考えられる。その分トラブルになりにくい。ラジコン搭載に適したパワーソースでもある。

 そこで最大の難点となるのが、命中精度が悪いこと。
 銃刀法でエアガンのパワーが明示的に規制されたが、これはパワー競争の終焉という朗報でもある。パワー以外の部分で競争せざるを得なくなったからだ。特に命中精度は、大きな競争力になるだろう。それなのに、規制後に市販エアガンの命中精度が明らかに向上したという話は聞かない。これは、非常に悲しい。
 自分は、ヤバ過ぎてネットに書けないことも含め、いろいろな発射実験を行っている。そこで到達した結論は、楽しむ上で最も重要なのは命中精度であって、威力は副次的なものに過ぎないということ。どんなに威力があっても当たらない銃など、面白くも何ともない。近距離に近付いてハイパワー開放なんて、銃の醍醐味がない。いやほんと、パワーがあって命中しないエアガンほどストレスになるものはない。

 だったら、自分で製作してみよう。
 威力が合法で、ラジコン搭載に適した構造で、ひたすら命中精度を追求したエアガンである。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2016年5月17日(火) 21:28

閉じ込められたエネルギー

 光ファイバーを筐体に収納する。固定はしていない。

 OCはヒートシンクの自重で設置されているだけ。

 綺麗な干渉縞が見えるが、ターゲットは変化無し。

 レーザー発振しているようで、していない。

 筐体を撮影し、異常な蛍光が出ていないか調べる。

 大丈夫そうだが、念のためカメラを接近させ、パーツごとに1つずつ確認する。
 突然、小さな炎が上がった。

 融着部分のアルミ細パイプが燃え折れて、漏洩した蛍光でテープが燃えた。最初の写真を確認すれば分かる通り、通電前は破損していない。

 年初に見た光景である。
 少なくとも、金属製のパイプを溶かすていどのエネルギーが閉じ込められているのは間違いない。にも関わらずレーザー発振しないのもまた、間違いない。

 OCにもヒートシンクを取り付けたので、直線状になっている。それでも、反射率6%では難しいようだ。1064nmはAF自身での吸収がやや多いため、発振させるには反射率高めのOCが必要っぽい。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2016年5月15日(日) 22:08

普通

 もう一方の融着は、普通に終了。

 右下に白い線が走っているのは、例によって光ファイバーである。作業時は引き回しの都合から、こうなることは多い。

 思い通りに発振しないことで、ネットのみならず専門書もチェックしている。
 ネットには何でも情報が転がっているように見えて、実はネットでは手に入らない情報は多い。これは、レーザー趣味やってると痛切に感じる。ましてや・・・よくネットの危険性で、原爆の作り方まで公開されているなどと言う。
 しかし、そんなものは実際には何の脅威でもない。

 レーザー発振器の製作すら、ネットの情報だけでは不可能なのだ。
 まして原爆など、仮に放射性物質が手に入ったとしてもネットの情報で爆発させられるわけがない。作ったところで、ウンともスンとも言わないのがオチだ。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4