Darkside(リンクエラー修正しました)

<< 前のページ

2018年4月30日(月) 21:30

駄目ピン

 再度ドローン本体を分解し、電源コネクターのピンだけを通常のピンヘッドに交換しようと考えた。ピンヘッドは手持ちのごく普通の2.54ミリピッチのをバラして使う。固めるのにエポキシ使って・・・と。
 だが、すぐに頓挫した。

 というのも、バッテリー側のメスコネクターの穴サイズが、一定じゃないのだ。
 バッテリーは4個あり、合計8個の穴がある。そのすべてに適切な強さで挿さる太さが無いのだ。
 ピンヘッドは、基板側が僅かに細い。更に、角ピンヘッドと丸ピンヘッドがある。合計4通りのピンヘッドをすべて試したが、キツくて刺さらなかったり緩すぎて駄目だったり。そして、明らかに8つの穴に大きな個体差がある。

 では、オリジナルはどうやって全バッテリーと適合していたのだ?
 いや、適合し切れていないからドローン側のピンが破損しまくったわけだが。

 これが、バッテリー4個を同時充電できる充電器。問題なく、4つのバッテリーが挿さって充電できていた。

 ピンを観察すると、2本のピンが隣接した感じになっている。これにより、穴の太さに個体差があっても接触不良を避けられる。
 だが、この構造では明らかにピンの強度は落ちる。非常に曲がり易くなる。充電器は幸いにしてピンが曲がっていないが、どのバッテリーをどこに挿すかという相性で曲がるかもしれない。

 非常に厄介だ。
 このドローンを安心して使うためには、ドローン本体側のピンとバッテリー側コネクターを、セットで交換するしかない。ありふれたピンヘッドとそれに適合したソケットに、ペアで交換する。そうすれば、快適に使えるだろう。
 だが、ドローン本体とバッテリー4個と、更に充電器の4箇所まで交換せねばならない。とんでもない手間だ。

 ところで、ゴールデンウィーク進行になり、ブログの更新もお休みです。気が向けば書くかもしれないけど、基本的にネタ作ってる時間無いので。

written by higashino [マルチローター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2018年4月29日(日) 21:18

中華品質

 中華品質顕現!

 また、壊れた。
 バッテリーのコネクターを受け入れるドローン本体側のソケットだが、先日引っ込んだ下側のピンに続き、今度は上側のピンが折り曲がってしまった。これでは通電せず、電源が入らない。

 下側の壁が欠けているのは、ピンが曲がったときラジオペンチの先だけ伸ばせないかどうか試したためである。まあ無理だったが。
 根本的にコネクターの精度が低いようだ。バッテリー4個のコネクターも公差が大き過ぎて、すぐに引っ掛かるのだろう。
 まさに、中華品質。コストはともかくまだまだ日本の製造業は負けていないな。最近は日本製も質が落ちているものの、こんな酷いコネクターに出会ったことはない。

 こうなりゃ日本製コネクターに交換だ!
 そう考えて秋葉原に出掛けたが、交換できるパーツが無かった。

 一見すると普通の2ピンだが、これ2.54ミリピッチではない。3.96ミリという変態ピッチなのだ。そんなコネクターは千石電商ぐらいにしか置いてないが、ピッチはともかくピンが太くてバッテリー側に刺さらない。
 そもそも3.96ミリなどという広ピッチ規格なのだから、2.54ミリのピンヘッドよりピンが太いのは自然である。

 要するにこの中華コネクターは、不自然に細いピンを使っているのだ。だから、曲がる。

written by higashino [マルチローター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2018年4月15日(日) 20:59

再飛行

 ジャイロのリセットを何度か行うと、穏当な状態になった。使い物になるレベル。

 調整中にいきなり後方移動されて、ローターで指を切られる事故があった。右手の親指の爪脇にローターが当たり、出血。
 しかし絆創膏で済む程度の怪我であり、逆に言えばローター直撃という最高級にヤバい事故でもこの程度であると言える。そこは、軽量ドローンの強みではある。

 室内で飛ばす場合は、飛行速度は当然の最遅にするのが良い。
 また、座標が勝手にスレない場合でも、空モノの慣性は大きい。操作しても反応が遅延する。それを考慮に入れて操縦しないと、狙った位置にドローンを移動できない。
 それでも、スマホではなく専用コントローラーによる操縦はずっと楽だ。スマホでも操作できるが、懲りているのでやらない。スマホだと、操作したつもりで操作していないという事態が多発する。やはり、物理的なコントローラーは信用できる。

 コントローラー上部にはスマホホルダーを取り付け可能で、専用アプリを入れたスマホでカメラ映像を受信できる。映像を見ながら操縦するよりも、直視して操縦した方が状況を把握し易い。
 しかし、カメラが狙ったアングルになっているか確認できる意味はあるし、スマホを併用するとドローン本体のメモリーカートとスマホの両方に記録できるメリットもある。

 要注意事項として、カメラからスマホへの映像送信は Wi-Fi だが、パスワードが無い。だから、誰にでも傍受できてしまう。室内でスマホ映像を有効にしながら飛行させる行為は、極めて危険であると言える。

 送信機のバッテリーは単三4本で、1.5V指定だがネット情報の通り1.2V充電地の方が良いようだ。普通にエネループで調子良く働く。

 カメラは 1280*720 という解像度の低い画像だが、点検用ドローンとしては実用になる。
 また、簡単に取り外し可能なので、同社から高解像度のカメラが別売される期待もある。
 操縦可能距離は公称100〜150メートルで映像は50メートル。実用は遥かに短いだろうが、点検用なら20メートルも届けば十分だ。

written by higashino [マルチローター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2018年4月14日(土) 20:02

修理と対策

 ドローンを分解した。

 付属のドライバー1本で、分解できた。
 剥がさないとネジを外せないシールなど無く、太さの違うネジも無く、その他分解を妨害する意図を感じる構造も無かった。

 珍しいことに、ローターはモーター直結ではない。1段ギアで減速させている。そのぶん、細くて長いモーターが入っている。どうやらブラシレスモーターではないようで、モーターも明確な消耗品としてトリセツに記載されている。
 よってモーター交換も想定されており、分解が困難では話にならない。

 200グラム未満のドローンとしては最大級の直径30センチ余りで、ローターは15センチ近い長さがある。大きなローターを比較的低速回転させるタイプなので、ドローンとしては穏当な騒音だ。
 ともあれ奥に入ってしまったピンを尻から押して引っ張り出し、再び引っ込まないように尻をエポキシで固める。

 バッテリーを挿して、電源が入るのを確かめる。これで、ひとまずの修理と改良は終了。

 ネジ穴を1個破損させてしまったが、大勢に影響はない。
 元通りに組み立て、ローターが正常に回転するのを確認。

written by higashino [マルチローター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2018年4月13日(金) 22:09

中国製

 バッテリーはワンタッチの差込方式で、交換が容易。
 別売のバッテリー3本と充電器を併せて買った。本体付属と合計した4本のバッテリーを、1つの充電器で充電できるなどユーザーに便利な仕様である。どうせバッテリーは数分しか持たないのだから、何本も必要だ。
 充電は4本同時でも60〜90分で済む。

 これで合計は2万円に届かないので、コスパはそう悪くない。トイドローンに分類される。

 そうなると気になるのは、操縦性である。
 気圧センサーにより高度安定は期待できるが、GPSもフローセンサーも無いため水平位置の安定性には期待できない。しかし、スマホではなく専用コントローラーが使えるため、慣れれば対応し易いと期待できる。

 取りあえず室内で飛行させると、案の定で水平位置はフラフラと不安定。だが、対処は可能だ。でも、風が無いのに安定しないのは不満は不満。

 そこで、センサーリセットしてみた。

 すると、逆に水平安定性が著しく悪化。どうやらこのドローンは出荷時点でキッチリと校正されていたようで、リセットで事態は悪化。
 完全に水平な状態にするのが難しく、自前校正は工場出荷に劣るようだ。

 既に手遅れである。
 リセットはあくまでリセットであって、工場出荷時に戻せる訳じゃない。
 できるだけ水平にするよう頑張って、再度のセンサーリセットを実行。すると、一気に乱れでアッという間に墜落。
 離陸即座に墜落みたいな状態だったので、落差は数十センチしかなく壊れたりはしない。しかし、電源スイッチを入れても反応しなくなってしまった。

 これは壊れたか?と思ったが200グラム未満の軽量ドローンが無反応になるほど壊れる衝撃とは思えない。
 チェックしてみると、電源コネクターのピンが、片方引っ込んでいるのに気付いた。
 バッテリー側の雄コネクターとの位置合わせが不完全で、バッテリー挿入時にピンが押し込まれてしまったようだ。ギリギリで接触していたのが、墜落の衝撃で完全に分離状態になった模様。

 これでは、物理的に通電不可能である。

written by higashino [マルチローター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4