Darkside(リンクエラー修正しました)

<< 前のページ

2016年1月2日(土) 23:08

楽しむのは大変だ

 最近は、ラジコン戦車をいじることが無くなっている。
 ショップでラジコン戦車が売られているのを見ても、余りときめかない。

 リアルなラジコン戦車には、実物の戦車と同様の問題が付きまとうのだ。

 実物の戦車は、足回りが故障しないよう、負担を掛けないように注意して操縦せねばならない。イメージとは異なり、戦車は乗り物としては繊細なのだ。ラジコン戦車も同様で、無理な走行をさせると容易にキャタピラが外れる。これは、オモチャとしてのラジコン戦車にも大きな逆風だと思う。
 ラジコン戦車で遊んでいて、キャタピラが外れることに悩まされた者は多いだろう。それは欠陥ではなく、そもそも戦車はそういうものなのだ。キャタピラが外れないように、走行させるものなのだ。

 また当たり前の話として、屋外で走らせると汚れる。
 装輪車両に比べて、装軌車両は清掃が面倒だ。実物もラジコンも、変わらない。だから、屋外で走らせて楽しみにくくなる。
 こうして、ラジコン戦車で遊ぶことが減ってしまった。

 更に悩ましいのは、ラジコン戦車の武装である。
 折角の戦車なのだから、オモチャであっても武装させたくなる。だが、積んで楽しめる武装は案外無いのだ。
 自分は過去に散々強調しているが、どんなに強力な武器であっても命中しないものは面白くない。また、強力過ぎる武器をラジコンに積むのは危険である。危険な武器は、ラジコンに積むのではなく人間が直接操作すべきである。自分が現在開発中のレーザー銃のように。

 そうするとラジコン戦車の武装としては、弱すぎず強すぎずの穏当な威力で、命中率が良いものということになる。
 エアガンは穏当な威力であり、マルイがラジコン戦車に搭載したのは適切な判断だ。だが、残念なことにこのエアガンは、余り命中精度は高くない。
 自分は少し改造したが、実はそれでも命中精度は悪い。動画では良く命中するかのような雰囲気だが、それは良いところだけ取り出しているというありがちなマジックである。正直お手軽にあちこちのマトを倒して遊べるほどの命中精度がない。

 一番のネックは搭載エアガンの命中精度ではなく、照準用レーザーだ。レーザーポインターの向きを調整する機構を組み込む空間的余裕がなくて、照準調整が困難。砲塔がプラスチック製であり、外力で容易に歪む。砲塔だけでゼロインやっても、実際に戦車に搭載して走らせると、レーザー照射とはズレた位置に飛んでいく。
 1/24スケールのラジコン戦車は、屋外でも屋内でも楽しめる手軽なサイズではあるものの、ラジコン射撃を楽しむには小さ過ぎる。1/16スケールを元に、スケールモデルであることを諦めて自由レイアウトでメカを積むような感じにしないと、撃って楽しめるラジコン戦車は実現困難に思える。

written by higashino [バトルタンク改造Tiger1] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2013年5月5日(日) 09:20

ゴールデンウィーク

 例によって連休中は、開発中止。危険な電子工作やってる暇はない。
 お構い無しにブログを更新していた過去の例も多いけど、それは記事の備蓄というやつです
(^_^;)

 ここでは、改造バトルタンク現在の状態でも紹介。
 レーザーを取り出したレーザースキャナーを置き台にして、部屋に飾ってます。マルイは模型としての出来が良いので、スケールモデルとして鑑賞に耐えます。転がっているのは、中華グリーンレーザーモジュール。

written by higashino [バトルタンク改造Tiger1] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2013年2月11日(月) 20:17

「実戦」経験

 安全にBB弾を撃ちまくれる場所に出掛け、バトルタンクのスイッチを入れたが全く反応しない。この期に及んでスイッチを切り忘れて、一晩で電池が放電してしまったようだ。さすがに予備電池セットは用意していたので、すぐに交換。カメラをセットし、スタート位置にバトルタンクを置く。ところが、走行を開始して50センチほど進んだところで、突然停止してしまった。これまで5回の試験走行では、全く無かったトラブルだ。
 ヒューズを確認するが、飛んでいない。それなのに、全く通電していない。どうなってんだ?

 故障箇所を調査すべく、帰途に就く。雪上走行や荒っぽい負荷走行試験で車体下のスイッチが汚れ、接点が劣化したのではないか?
 イベントなどで遠方に持ち出して、現地でこうなったら目も当てられない。本当に活躍させたければ、もっともっと走行実績を積みまくらねばならないようだ。
 家で車体上部を外し、スイッチを入れる。受信機のLEDからして点灯しない。ところが、受信機の電源コネクターを確認しようと動かしたとたん、LEDが点いた。一見するとコネクターの接触不良だが、それなら現地でもボッシュライトには通電していたはずだ。その後は何事も無く普通に動作してしまい、困ったことに原因不明。放電し切ったと思い込んだ最初の電池セットも、テスターで調べると電圧はフル。





 また現地で再発するリスクはあるが、意を決して再び撮影場所に遠征。今度は何の問題も発生せずに撮影を完了できた。そこで感じたこと。

1)レーザーポインターは短距離用
 レーザーのポイント位置がラジコン戦車からというより自分から遠くなると、照準し難くなる。また、レーザーすなわち主砲の向きによっても、照準し難くなる。戦車から自分が狙われるような特殊な状況を除き、遠距離射撃では照準し難い。レーザーポインターは、短距離射撃用だ。これは、小型ラジコン戦車に搭載の弱いエアガンには一応適合している。2〜3メートルの近距離でビシバシ撃つのが適切だ。
 遠距離スナイプには、車載カメラ必須と考えられる。さもなければ、戦車の真後ろに自分が回り込むしかない。

2)レーザー照準には時間を要する
 空をポイントしたら照準不能だが、地面を照準しても照射位置は不明瞭になる。結果として、適切な向きに主砲を向けるには時間を食う。また、無段階変速で微調整可能ではあるが、微動させるにはアナログ的な指先調整を要する。このあたり、ソフトを工夫するかハードで工夫するか、充分な配慮をしないと遠距離射撃では照準のストレスが激しくなると危惧される。

3)意外に仰角は必要
 マトをちょっと高い場所に置くと、狙えなくなる。わざわざ後退して距離を取らないとポイント不能になるのはストレスが溜まる。無砲塔戦車の姿勢制御は、充分な範囲を確保せねばならない。不整地における戦闘は、地形の影響がバカにならなかった。

 「実戦」経験は、コイルガン戦車Sにしっかり反映させたい。

written by higashino [バトルタンク改造Tiger1] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2013年2月9日(土) 19:50

第2期 開発完了

 照準用レーザーポインターは、調整しても砲塔に組み込むとズレる。
 チャンバー周りを固めたことでその症状は改善されると期待したいが、照準調整に使える時間が短いことも響いている。接着剤が余り固まっていないと、射撃の衝撃で動いてしまう。固まり過ぎると、調整しようにも動かせなくなる。
 かなり固まったが充分固まっていないという都合の良いタイミングしか、向きの調整はできない。

 すなわち、固化に時間の掛かる接着剤が有利だ。

 それにもう1つ、かなり固まってから完全に固まるまでの間にも、外力で向きがズレるのではという疑いがある。
 これらの対策として、アラルダイトではなくオートウェルドを使うことにした。しかし、今度は固化に時間が掛かり過ぎる。そこで、混合したオートウェルドを加熱し、向きの調整が可能な固さまで早期に到達させる。調整可能な固さになったら、射撃しつつじっくり向きを合わせる。散々悩まされた左右のズレに関しては、原因が分かって来た。左右方向の調整は、メカボックスとレーザーポインターの間に隙間を作る形での調整となる。そのため、接着剤の粘性で引っ張られてしまうのだ。

 完全に調整したと思っても、爪楊枝など挿して隙間が狭まらないように対策せねばならない。

 完全に組み立てた状態で、試射。

 レーザーポインターの射出穴は主砲の左側2センチ半のパララックスがあるため、左右に関してはドンピシャである。一方で上に5センチほども浮いている。少々上過ぎだが、実用上はポイント点の上に着弾するのはそう困らない。空をポイントすることはできないため、下に着弾するのは困る。
 マトの下方を照射する仕様だと心得て運用すれば良い。そして、常に2センチ右に着弾すると頭に入れておく。

 実際のグルーピングは写真と異なる。射程215センチほどであるため、後のBB弾が先のBB弾に命中して弾き飛ばしてしまう。そのため、位置がズレたりマトの外に弾き出されたりしている。7発しかくっついていないが、実際は10発撃っている。

 もうちょっと着弾が下ならパーフェクトだったが、これでも合格。

 レーザー射出穴は目立たないようにペイントし、砲身にはキルマークを8本入れてみた。

 キルマークは、マスキングしたのにハミ出てしまっている。しかしこの手書き感は意外にいいかもしれない。
 ともあれ、これにて行ないたかった改造はすべて行なった。後は動画撮影だけだ。

最新のPICソースリストは、こちら。

 動画撮影で意図したようなアクションが出来れば、更なる改造は不要として完成。
 ただ、気分が乗っているうちに次期戦車計画を動き出させようと思う。基本は16分の1クラスの大型ラジコン戦車にコイルガン搭載だが、コンセプトは今回のバトルタンクと同じ。遊んで楽しめる実用面を徹底的に強化し、コケオドシには労力を使わない。

 走行性能や射撃精度を追求する。それこそ○トラーからコイルガン戦車の開発を命令されたポルシェ博士になったつもりで、開発する。ホンモノのつもりで、16分の1で作る。

written by higashino [バトルタンク改造Tiger1] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2013年2月8日(金) 21:13

砲塔サポーター

 ネジを適切な長さに切り詰め、頭も平らに削る。これを大型ワッシャーにハンダ付けして、土台を作る。

 砲塔のガタツキを防ぐための、サポート用ローラーの製作だ。

 ゴムリングにフランジベアリングを両側セットし、ベアリングをネジ軸に接着するといういつもの手口で固定。

 強度が欲しいので、オートウェルドで車体上面に接着。

 砲塔旋回ギアと、ほぼ120度ずつ離れる位置に設置。1個は、柱を削除して設置。この柱は車体上部と車体下部を合体させる力となるが、10ピンコネクター2個が強力なのでここ1つ無くても問題にならない。それに、砲塔旋回に伴って引き回される配線と干渉して、もともとかなりウザかった。

written by higashino [バトルタンク改造Tiger1] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4