Darkside(リンクエラー修正しました)

2007年10月の記事

<< 前のページ

2007年10月31日(水) 17:18

2つのタイプの試験

 多段式コイルの試験には、2通りある。
 1つはごくありきたりのパターンであり、多段コイルを構成する各コイルをそれぞれ単独で試験するものだ。3段式コイルであれば、3つのコイルを1つずつ順番に、単段コイルとして試験する。コイルガン本番で使うような大型コンデンサーにたっぷり電荷を蓄積し、サイリスター等で一気に通電する。それによってコイルが焼けたり断線したりせず火花も音も出さないかどうかを見る。
 電圧はもちろん重要だが、パルスながら大電流に耐えられるかどうかがメインである。

 試験装置は、これまで作ったようなコイルガンとほぼ同等のモノとなる。


 問題は、もう1つのパターンだ。
 あるコイルが、その両隣のコイルと絶縁されているかどうかを試験するものだ。今回コイルが尻尾を出したのは、このパターン。

 多段式であっても、ネットで公開されているものの大半はコイル間がかなり開いている。その場合、絶縁に問題無いのは自明でありこんな面倒は考えなくて良い。しかし自分が多段式で狙っているのは、複数コイルで合成磁場を構成することで磁場を滑らかに移動させ、効率を高くすることだ。コイル間をしっかり開けたのでは性能が低下する。
 性能と信頼性を両立させるためには、コイルが良品であるかどうかを適切に試験せねばあらない。

 話をややこしくしないために、あらかじめ前述の試験で各コイルそれぞれが断線等していないことを確認しておく。それぞれのコイルが単独では良品である場合、単純に両隣コイルとの間に電位差を作るだけで良い。
 ここで、電流は問わないことに注意。良品であれば全く電流は流れないし、少しでも電流が流れれば不良品。大事なのは電圧・・・電位差であり大電流を流す必要は無い。そう考えると、コイルガン的な大ジュール試験装置は対象コイルが不良だった場合に派手な爆発を起こしておっかないだけだ
(^_^;)

 ストームタイガー主砲の試験では、2つのタイプの試験装置を共用した。しかし、コイル間絶縁試験に大型コンデンサーはオーバースペックである一方、サイリスターは不適切である。瞬間スイッチングには向いているが電流が流れない状態で連続でONにするのは機械スイッチの方が良い。高電圧を貯められるが容量は小さなコンデンサーを使うと、良品では通電しないから機械スイッチでも焼けず、不良でも機械スイッチの負担は小さい。電流制限抵抗を追加したって試験は成立するし。
 コンデンサー充電器などは共用するとしても、2つのタイプの試験で装置を別々に用意すべきだと思われる。

written by higashino [コイルガン戦車1/35] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2007年10月30日(火) 17:21

1分間

 配線を付け替える。
 電極を2つのコイルそれぞれに分けてハンダ付けし、第1段コイル全体と第2段コイル全体の電位差がMAXとなる配置。ただし絶縁が完全だった場合は通電しないことになる。コイル相互間の絶縁を試験する。これなら第一段コイルの一端が脱落していても、配線可能だし。

 各コイルが正常にパルス大電流を流せるかどうかの確認は当然必要だ。しかし多段式コイルの場合、コイル相互が絶縁されているかどうかの確認もまた行わねばならない。発生する電位差が大きく、よりシビアな試験となる。
 350V以上溜め込んでサイリスターをONにする。大音響を覚悟したが、これまた何も起こらない。部屋は静まりかえっている。電圧計を見るが、350Vをキープしている。何度かスイッチを入れるが、やはり何も起こらない。

 ところが、更にしつこく数回スイッチを入れると、かすかにバチッと放電音っぽいものが聞こえた。これは!?
 スイッチを押し続けると、今度はかすかに異臭が漂って来た。回路が焼ける時の臭いに似ている。

 次の瞬間、大音響一発!

 遂に不良コイルが絶縁破壊を起こした(動画)

 かなりしつこく通電を続けないと発覚しなかった。絶縁性は湿度などで変化する可能性があるので、例の事故の日は一発で発生したということかもしれない。また同時に、絶縁性試験が単純でないことも分かった。
 中古ショップを大混乱に陥れた家電リサイクル法で話題になったが、安全性を確認するため1000Vを1分間の絶縁試験しろ!ってことがあった。1000Vはともかくとしてなぜ1分間なのか?
 絶縁不良の品でも、短時間あるいは瞬間的な通電では不良が発覚しない可能性があるのだ。今回のコイルだって、しつこく通電を繰り返してようやく問題が発覚した。そのような事例はごく当たり前でありだからこそ1分間連続で耐えないとOKとされないのだろう。

written by higashino [コイルガン戦車1/35] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2007年10月29日(月) 17:28

ドラッグカー

 意外な展開になった。
 通常の走りは一通りこなしたので、「ネタ車列伝」と称してランナバウト1と2からネタばかり集めたクリップを作ろうと考えたのだ。ランナバウト1および2では、通常のレースゲームに登場するようなまっとうな車種が揃った上で(←ここ重要)、普通のゲームでは用意されないようなとんでもないネタ車の数々が用意されている。
 1なら戦車だけでなく道路清掃車やゴミ収集車、2には耕耘機やパンダ、ミサイル運搬車やガンヘッドも既出。そんな中に、ドラッグレーサーがある。

 ドラッグカーは軽量大パワーで猛烈な加速と最高速を誇るが、もう全然曲がらない。とにかく直進また直進。それに加えて耐久性は低く燃料もアッという間に無くなってしまう。入手条件はそう難しくないものの、ちょっと走らせてみて大抵の者は余りの使えなさに呆れて放り出すだろう。そんなネタ車を使わなくても、まっとうな車種が幾らでもある。
 ところが、ネタ車ビデオを作るためドラッグカーを走らせているうちに、実は思ったより使えることに気付いた。1速でフカしまくるとすぐ無くなる燃料だが、シフトアップすれば結構保つ。トルクが異様に太く、無理に回転数を合わせなくても猛加速する。アイテムに硬化コーティング剤をセットすると普通のクルマ並にカタくなる。しっかり減速すればそれなりに曲がる。

 レースゲームやっていて良く感じると思うのだが、アクセルを全開より更に踏み込んでオーバー100%の加速が欲しくなることが多い。ドラッグカーは半端なアクセルでもかなりの速度が出る。デフォルトで1番良く使われるだろう
CAR NO.1 の1500並の最高速は半端アクセルで十分だ。そしてそのような半端速度ならある程度曲がれる。
 だから全開にしたいのを我慢して半端速度(だが普通のクルマの全速)で運転し、アクセルを全開以上に踏み込みたいような瞬間に全開にする。そのようにドラッグカーを運転すれば、いざというときにオーバー100%の加速が出来る「普通車」になるのだ。

 

Playstation - Runabout 2 mission #1,#4,#5,#11 by DRAG

 とは言えそれでも曲がらないのは確か。そこでゲームの定番である壁ターンの出番だ。しっかり減速して曲がれるところはしっかり減速して綺麗にライン取りを決める。曲がり切れない場所は壁にぶつけて曲がる。それで食らうダメージは硬化コーティングで強化したボディーで受け止める。
 ランナバウト2は壁の扱いがシビアで、タイム的には簡単に致命傷となる。だからこそ面白い。壁ターンはリアルのレースを考えれば邪道だが、ランナバウトでは壁ターンにもテクニックを要求される。適切なぶつけ方ってものがあり、ぶつければ誰でも速く走れる訳じゃない。

 

 ランナバウト2のドラッグカーは完全なネタ車ではなく、まだ使い物になるパラメータに抑えられている。軽量ボディーに800馬力オーバーは凄まじいが、現実世界のドラッグレースでは8000馬力のマシンも使われる。ゼロヨンを4秒台で走り、400メートル走らないうちに500キロを突破。それに比べるとゲームの中なのに随分抑えめとなっている。
 ジェットエンジンを装備したドラッグカーなんてマンガじゃあるまいし・・・なんてことまで現実にやってしまう馬鹿も居る。もはや現実がゲームを超えている。

 パルスジェットをラジコンカーに付けたくなって来るが、ホンモノどころかラジコンであっても走らせる場所は見つからないだろう。
 アメリカ人のバカっぷりは国土を抜きにしては考えられないと思う。だったらせめてゲームの中ぐらいは現実を超えたバカ祭りに期待したい。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(5)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2007年10月28日(日) 20:05

PICは動いているようだが

 とっても手抜きなPIC試験ユニット。
 I/Oポート出力をLEDで確認する。330Ωで電流制限し、定格を越えないようにしてある。

 Bポートの片側4つを一度にチェックしたかったが、手持ちのLEDが3つしかない。この手のLED在庫が無いのをうっかりしていて、買い出し漏れになった。LEDなんてどこでも手に入るが、いつでも買いに行けるとは限らない。休日であっても、朝から用事があればショップは開いていない。LEDに通販ってのもムカつくしなぁ・・・

 Bポートを順番にONにするプログラムをPICに書き込み、さっそく動かす。ところが、LEDが点滅しない。ずっと明るいままだったり暗いままだったり。

 PICのソースリストを確認して気付いた。A4に接続したスイッチを押さないと点滅がスタートしないように作ったんだった。
 右上の赤いプッシュスイッチを押すと、無事に点滅が始まった。やった!周波数シンセサイザーによってPICは一応動いているぞ。と思ったがまだおかしい。周波数を変更しても点滅速度が変わらないのだ。これでは、大仰なシンセサイザーを使えるようにした意味が無い。

 それ以前に、周波数シンセサイザーが効いていないのであればこのPICは何のクロックで動作しているんだ?
 PICが暴走しているのであれば、LEDが規則正しく点滅する訳がない。
 なにぶん古いシンセサイザーなので、周波数変更が効いていない可能性はある。それでは今回のコイルガン計画には困る。多段式の通電タイミング全体をPIC周波数可変によりスムーズに変更する。それが設計の重要ポイントなのだ。

written by higashino [コイルガン] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2007年10月27日(土) 17:25

ステンレスかよ

 やっと足が1本切り落とされた。

 切断面の締まり具合はアルミではあり得ない。磁石にくっつかないが削り屑は磁石にくっつく。ほぼ間違いなくステンレスだ。カタいはずだ。厚さ1センチを遙かに超えるステンレスを切り取ろうなんて・・・こんな凄い筐体とは知らなかった。
 切れ端もずっしりと重い。

 筐体はアノードを兼ねているので、もっと電気伝導の良い素材だと思っていた。しかしこれだけでかくなると、少々伝導が悪くても断面積で補えるだろう。また、冷却の方は水冷任せだから筐体は余り関係無い。
 一方でステンレスは、剛性が大きく熱膨張が比較的小さいという利点がある。これは、光学系が狂い難いメリットをもたらす。コリメートレンズが内蔵されているこのレーザーダイオードでは、得失を考えてステンレス筐体になっているのだろう。

 筐体がカタいと分かれば両面テープの残骸も大胆に削り取れる。構わずカッターナイフを使いまくる。

 こんなのが、まだ2つも残っている。
 一気にやるのはとても無理。心身共に続かない。毎日少しずつでも頑張って切り進めるしかない。

written by higashino [レーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4