Darkside(リンクエラー修正しました)

2020年08月の記事

<< 前のページ

2020年8月9日(日) 21:12

手元銃

 キャスター足パーツは、ガングリップに手頃。そのためいつも、これは使えそうだとキープしがちだが、いざ実際に製作に投入する機会は少ない。

 長年在庫していたら、内側が錆びてしまった。外側の処理は素晴らしいのだが、内側は塗装が回っていない部分があってそこが錆びるのだ。
 例のペンキを内面に塗り、錆び対策とする。

 メイントリガー用の押しボタンと、セイフティー用の切り替えスイッチを、直列接続。

 トリガー配線コネクターを設置。

 取り付けた基板を、オートウエルドで接着。
 キャスター足パーツの表面は塗装と保護膜により絶縁状態なので、トラブルにならない。接着面だけ、地金を露出させた。

 コリメートレンズを、結束バンドで固定。
 キャスター足パーツとの接触部分にオートウエルドを盛り、ズレないようにしてある。

 これだけ見れば単純だが、実行しようとすれば作業中に簡単に位置がズレる。
 位置がズレることなく最終形態に持ち込むには、慎重に手順や固定を考えねばならず、かなり面倒だった。
 例によってレンズ筐体がアルミというのも、話を厄介にしている。ステンレス等であれば、ハンダ付けで終了だ。

 レーザーヘッドと合体させ、手元銃が完成。見た目は、溶接機だな。

 これは、前方10センチに焦点を結ぶ「屋内用」である。
 並行光線を発射する「屋外用」は、別のレンズとガングリップで将来作成する。そして、手元銃を交換することにより、状況に対応する運用だ。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2020年8月8日(土) 21:07

ペンキ塗りたて

 励起LD筐体のフタ(外側)を、ダークグリーンのペンキで塗装。
 アルミ製なので錆び止めの必要はないが、単に着色したいだけ。

 使用したのは、Sタンクの転輪を塗装するのに使ったのと同じ缶である。模型用のペイントではなく、建築業務で使用できる本物。

 固定ネジはインチネジだが、何と激レアのUNFだった!

 UNCを買ったせいで、使用できなかった。
 だが、UNF#3を買い直そうとしても、それ普通は使われない特殊な規格なので1本300円以上もする!

 改めて規格を確認すると、UNF#3はM2.5に近く、ピッチはM2.6と同じである。
 ならばとM2.6用のタッピングを購入し、ネジ穴をM2.6用に掘り直してやった。

 これで、普通のM2.6ナベネジが使えるようになった。

 コントロールBOXは軽量なので、マジックテープで固定することにした。

 筐体を分解したくなった場合でも、これなら面倒がない。

 裏返しに置いたときに、ペンキに紙が貼り付いてしまった。
 良く見ると、紙の側も表面が剥がれているのが分かる。

 手で触ったときはペンキが乾いたように感じたが、実際は乾き切っていなかった。缶には、1時間もあれば乾くと書いてあるのに!

 どうしてペンキは24時間放置すべきと言われているのか、納得できた。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2020年8月7日(金) 21:21

メイントリガー配線

 コントロールBOXとバッテリーの設置位置を、検討する。

 配線が太いため引き回し難く、設置の自由度は非常に低い。
 この配置がベストだろうと結論が出る。背負子にセットする場合、緊急停止ボタンやキースイッチへのアクセスが問題になりそうだが、そこは何とか調整するしかあるまい。

 レーザー銃は用途と射程により最適な光学系が異なるため、「レンズ交換式」にしておきたい。

 レーザーヘッドはレンズ交換可能なのだが、何年ぶりかで外そうとしたら、外れない。外せないのは将来の拡張性が損なわれ、非常にマズい。そこで強引に外したところ、内部に接着剤が浸透して悲惨なことになっていた。
 幸いオートウエルドではなかったので何とかなったが、トリガー用配線は断線させる結果となった。

 せっかく保護チューブ内を通っているインターロック配線を流用していたのに、これではトリガー配線を外巻きせざるを得ない。

 そもそも接着剤がなぜ埋まっていたか?だが、インターロック配線と独自配線を継ぎ木するさい、絶縁に問題があるためポリカーボネイト薄板を巻き付け、それを接着していたのだ。
 ところがオートウエルドとは異なって粘性が低いため、固化待ちの間に余計な所まで流れてしまい、レーザーヘッド内部に浸透。ヘッドが外せなくなったのだ。

 固化後はレンズ交換しなかったので、外せなくなっていたことに気付かなかった。

 浸透したエポキシを頑張って除去するも、その作業で配線も断線することになった。

 メイントリガー配線を途中で切断し、筐体外に引き出せる方式に変更。

 筐体外装に、2ピンコネクターを設置。基板を黒く塗り、ネジ止めしてある。

 メイントリガー配線の途中には、1KΩを挿入した。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2020年8月6日(木) 21:05

空冷ファン

 6×15ミリのアルミ角棒。長さ1メートルで売られていたものを2つに切断し、適切な位置に穴を開ける。

 これは旧レーザー銃のときに苦労して加工したのだが、出番が来る前に壊れて死蔵されていたものだ。

 共振器筐体と電源筐体が向かい合うように積み重ね、間にアルミ角棒を挟む、そして、ネジ穴に5ミリを貫通させ固定。

 上部側は、このような仕上げになる。アルミ角棒が突き出しているのは、光ファイバー保護チューブを更に保護するためのロールバー的役割を期待している。

 下部側は、空冷ファンの通気を確保するために、アルミ角棒は上げ底になっている。

 ヒートシンクを兼ねる筐体は、空気の入り口が斜めにカットされている。これにより、ファンの送風がスムーズになると期待できる。

 コントロールBOXの、空冷ファン電源配線を復活させる。

 旧レーザー銃のパーツを、次々に復帰させる。

 空冷ファンの配線は、上下切断されていたのを接続し直す。
 上部4連の下には、アルミアングルを接着してある。アルミ角棒により開いた筐体の隙間を塞ぐ。

 6センチファンを8つ並べるよりは、12センチや14センチのファンを2つ並べた方が、風量を稼げるか騒音を減らせるのではないか?
 そう考えてしまう。一般に、ファンは直径が大きいほど効率的だからである。

 だがそれは旧レーザー銃のときに検討し、却下。今回も、パソコンショップで最新の空冷ファンを確認し、やはり却下。
 この6センチファンは、そこらのファンではない。超高性能品(うるさい)で、12センチや14センチのファン2つでは到底及ばない。重量も、得にはならない。

 ネジが幾つかロストしてしまったが、ファンを固定するのに全部のネジが揃っていなければならないってものでもない。実際、これで不都合はない。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2020年8月5日(水) 21:00

小作業

 電源筐体を、逆さまに置いた励起LD筐体に重ねる。

 左側から電源配線を引き出し、右側からは温度センサー配線を引き出す。

 電源配線は冗長だが、最短配線にすると剛性が高くなって引き回しに困る。

 余分な長さが無いと、配線を設置できない。これでも、実験途中よりは少し短くなっている。

 光出力センサーの差し込み口は、少し斜めにして接着し直した。これにより、無理なくプラグが差せるようになった。

 共振器筐体の穴には、ポリカーボネイト板でガードを作成し接着。

 電源配線などを引き出すときに、光ファイバーと擦れるのを防ぐ。

 こちらも少しだけ短く切った電源配線に、コネクターをハンダ付けし直す。短くする気が無くても、コネクターを付けたままでは穴を通せない。

 メイントリガーの配線は、コネクターが小さいのでそのまま穴を通せる。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4