Darkside(リンクエラー修正しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2007年11月2日(金) 17:11

ネジコン

 ランナバウト2の汚いグラフィックは、もしかして狙ったのか?
 単なる手抜きに感じるが、プレステ2のテクスチャー補間機能を効かせると見違えるように綺麗になる。実際にはグラデーションが滑らかになって色数豊富に感じるだけかもしれないが、ニコニコでは「グラフィックが綺麗」なんてコメントまで飛び出す(汗)
 開発陣は、プレステ2でプレイされることも考えてテクスチャーを作ったのかもしれない。発売はプレステ1の末期でドリームキャストが登場しようとしており、プレステ2の発売も近い時期。だからこそ発売を慌てたのだろうが同時にプレステ2を視野に入れていてもおかしくない。

 実は、久しぶりにランナバウト1を動かしたら、2よりもグラフィックが劣るように感じたのだ。
 両方ともテクスチャー補間を効かせてみたが、2のグラフィックが良く見えるのに対し1は余り変わった感じがしない。
 現実には、プレステ2のテクスチャー補間機能はリセットあるいは電源を切ると設定が消えてしまう。毎回「隠しメニュー」に入って設定しないといけない煩雑なものであり、大半のプレーヤーは無効状態で遊んでる可能性が高い。しかし、ランナバウト2の発売時点ではプレステ2は存在せず、補間機能にそんな面倒があるとは分かっていなかったはずだ。
 もっとも、補間機能なんて存在することを知らなかった可能性もあるので、見栄えの向上は偶然かもしれない。

 ただ、いずれにしろランナバウト2は人に薦められる。ネットの評判とは裏腹に、自分の評価は非常に高い。1の正常進化だ。ネットでも、高く評価する声も一定存在する。
 人に薦める際に実は1には問題がある。それは、アナログ入力がネジコンしかない点だ。2はネジコンだけでなくアナログパッドにも対応している。元祖F−ZEROの頃ならともかく、もうレースゲームをデジタル入力でプレイする時代ではない。そうなると、ネジコンしか使えない1は名作ながら安易に薦められない。もうネジコンは売っていない。
 しかしヤフオク等では入手可能であり、もし機会があれば本当に試して欲しいんだよな・・・

 アナログパッドが標準装備されるようになったためネジコンが消えたのは悲しい。いっけん変態デバイスに感じるが実は素晴らしい入力装置なのである。
 アナログ入力量が、左右の角度「差」によって決まる。信号伝達における「ディファレンシャル」と同じで、極めて正確な入力が出来るのだ。ネジコン以外のアナログ入力デバイスは正確な入力が難しい。ハンドルなんて正確な姿勢で座っていなくては正確に入力できない。実車ではきちんと座っているのが当たり前だからハンドルの利点が活きるが、部屋でゲームする場合は大がかりになる。
 ネジコンは差分入力なので、どんな姿勢でプレイしても正確な入力が出来る。どっちに捻れば良いか迷いがちで、慣れるには時間を要する。そのため当時は放り出した者も多いし、普通なアナログパッドが標準となってからは駆逐されてしまった。しかしひとたびネジコン慣れすると凄い威力を発揮する。

 プレステ1時代の前半に登場したレースゲーム。初代リッジレーサーやモータートゥーングランプリ。そして恐らく初代のグランツーリスモ。
 当時強烈なタイムを叩き出していたプレーヤーのほぼ100%がネジコン遣いだったのである。
 ランナバウト1でも、見えない壁の向こうにあるクルマを戦車でビシバシ命中させるようなプレイは、ネジコンでしかあり得ない。もしも1がアナログパッドやハンドルに対応していたとしても、無理だろう。
 自分はネジコンのパーツを取り出してハンドルデバイスに移植し、ネジコン互換のハンドルを作ったことがある。話にならなかった。雰囲気は最高だが的確な操作が出来るかどうかという点で、ネジコンには遙かに及ばなかった。

 ところで、昔ほどではないが最近また少しゲームやるようになって驚いたことがある。
 自分のサイト higashino.jp には3つのサブドメインがある。ここすなわち「裏」である
darkside、「表」たる www、そして主として掲示板用の「中」とでも呼ぶべき
miki だ。そのうち、「表」のアクセス解析やってみたのだ。
 レーザーのページは相当な人気だが、もっと人気のページがあった。ファイナルファンタジー7だ。FF人気凄いわ。ちなみにロマサガ2のページもレーザーには劣るが殆ど同じほどアクセスされている。

 久しくゲームから離れていたため、古いゲームのページしかない。1日に1人か2人迷い込むかもしれないし、検索でヒットしたりどこかからリンクされていてそれが切れていたらムカつくのが自分も経験上分かるので、単なる資料として残していただけなのだ。サーバーのHDDの肥やしであり、実際の需要はゼロに近いと思っていたのだ。
 ところが実際は、毎日何百アクセスもされている!
 www は固定コンテンツ専用で、何年も更新されていないページのオンパレードだってのに・・・インターネット恐るべしだ。

 FF7に関しては、最大の裏技を恐らく日本で初めてインターネットに公開したページだからまだ分かる。しかしロマサガ2まで大量アクセス・・・

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4