Darkside

2008年10月15日(水) 17:08

ePSXe とネジコン

 エミュレーター側の問題としては、クイックセーブ&ロードが安定しているかどうかという重大ポイントがある。不安定ではTAS製作に使えず、それなら実機プレイすべきだ。この点では、それほど使い込んでいないが
ePSXe を使いたいところ。また、動かしたいゲームが動いてくれなければ話にならない。この点でも、モータートゥーングランプリ1が動作する
ePSXe はポイントが高い。
 しかし、ePSXe はパッドプラグインが使えない。

 とは言え、ePSXe はパッドプラグインを自前で内蔵しているとも言える。それにより、パッドのタイプとしてネジコンも選択できる。だが、うまく動いてくれなかった。具体的には、初期ネジコンの特徴であるアナログ化されたL1キーがうまく読めないとか、これまたハットスイッチを認識できないとか。
 しかし、ハットスイッチに関しては padGnneco と同様に、無視して代わりにキーボード入力を割り当て可能と判明。

 また、デフォルトがデジタルパッドになっていて、ゲーム起動直後の適切なタイミングでF5キーを押し、アナログシミュレーションに切り替えねばならない。切り替えが遅れると、ソフトによってはデジタルパッド接続済みと認識され、アナログに切り替えてもパッドが認識されなかったりする。厄介だ。
 それでもモータートゥーングランプリ1で試すと正常にプレイできそうだ。いや、何だかおかしい。アクセルすなわち
I キーと、ブレーキすなわち II キーがトラブルの原因になっている。上記の設定だと、アクセルを半分まで押し込むのはいいが、それ以上押し込むとブレーキを同時に押したことになってしまうようだ。

 設定の微調整で回避できないかやってみたが、どうもうまく行かない。
 その点、padGnneco は完全にネジコンとしてエミュレーターに認識させている。プレイ感覚に違和感はない。しばらく試すと、クイックセーブ&ロードは
PCSX でも ePSXe でも変わらないようだ。ランナバウト1で実験すると、いずれもクイックロードするとエンジン音が消えてしまう。ただ、モータートゥーングランプリ1が動くことでも分かるようにエミュレーターの再現度は
ePSXe が上だ。ランナバウト1を PCSX で動かすとBGMが変わってしまう。
 ネジコンの認識は PCSX が上で、ソフトの再現度は ePSXe が上。悩ましい。

 しかし、ネジコンの再現度は PCSX の手柄ではなく padGnneco のおかげである。となると、パッドプラグインが使える別のエミュレーターも調べた方がいいだろう。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4