Darkside(リンクエラー修正しました)

2017年9月11日(月) 22:01

超高速ソニックスタート

 途轍もない大事件が発生した。ファイアーフィールドの製作を開始したところ、これまでにない超高速のソニックスタートを発見したのだ。
 スタートから10秒を経過しないうちに時速460キロを突破することは、プラクティスでGFをライバルに選択しても不可能である。それが、グランプリで実現してしまった。

 おかげで興奮し過ぎて、寝不足だ。発売から27年間、誰も気付かなかったソニックスタート!

 もう、破壊的に速い。これにより膨大な労力を投入した本TASは、作り直し確定である。だが、半端なく1周目を短縮できるため、作り直す士気は沸いてくる。それにTASにおいては作り直す羽目に追い込まれることは良くあるので、スクリプトや結果を整理して保存してある。スクリプトが再利用可能なのはもちろん、標準的な区間タイムも判明済みであるため、通常の製作よりも遥かに楽である。
 自作ドローンを進行させつつ、並行して作り直せば良いだろう。

 新ソニックスタートは、デスウインド等を除いて汎用的に使えそうである。そこでまずミュートシティー1にて、プラクティスのGF相手で試してみた。その結果、速くなるパターンには入るがGFが速過ぎて、仕込みの操作を行う時間が足りない。幸か不幸か、適用できないようだ。
 しかし、グランプリでミュートシティー1を走るという手がある。新ソニックスタートは、グランプリでプラクティスより速い可能性がある。

 マスタークラスは準備が必要なので、手軽にエキスパートクラスで調査。すると、専用スクリプトを通しても候補解が出て来ない。更に調べると、このソニックスタートを成功させるには、把握している以上に微妙な条件が必要なようだ。という訳で、研究続行である。とにかく速過ぎるので、たまたま現象を再現できた一部のコースだけ適用するってのは、ありえない。やるからには、可能性のあるコースすべてで確実に現象を再現させられるようにしておかねばならない。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4