Darkside(リンクエラー修正しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2018年3月12日(月) 21:43

AT>MT

 何ヶ月も前に製作した#01を敢えて参考にせずに、新しく作り直す(右)。最初の方が佳境に入ったところで、作り直し前(左)と比較。
 すると、一目瞭然にとんでもなく遅い。ここまでずっと製作を続けた経験を活かし、少しは速くなったと思ったら論外に遅い!

 原因は、途中のライン取りが不適切だった。以前の走行ラインの方が、かなり速かった。
 ならばと改めて、以前の製作を参考にして作り直しだ。

 ところが、更なる衝撃が待っていた。スタート直後の直線が終わる付近で比較すると、既に作り直し後の方が遅いのだ。
 パッと見には作り直し(右)により速くなった感じだが、内部メモリーを確認すると座標の差は明白。作り直し前(左)が速い。

 これはいよいよ緊急事態である。スタート直後から比較検証すると、とんでもない事実が判明。ごく僅かだが、MTよりATの加速が良いのだ。
 1500は、基本性能からしてATの方が上だった!
 どう頑張っても、MTではATに追い付けない。

 その差はほんと僅かであり、人力プレイなら間違いなく誤差の範囲内だ。しかしTASでは、確実に遅い。とはいえ僅かな差である以上、シフトダウンの最適化などで頑張れば逆転できる可能性はある。それでも、すっかり作り直しのモチベーションが失せてしまった。
 ただし、#01最後の急旋回部分だけは(ATのままで)作り直してみる価値がある。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4