Darkside(リンクエラー修正しました)

2007年11月30日(金) 17:19

上下OK

 レーザーダイオードのコリメートレンズは、光軸が少し下になっている。放出レーザーに光軸を完全に合わせると、レンズの位置が高くなり過ぎて邪魔だからだ。そのため、コリメート光は少し斜め下に向かう。また、レンズは前後に何ミリか調整出来る。焦点距離は変わらないが焦点の位置も何ミリか前後可能だ。
 その結果、焦点が下過ぎてもレンズを繰り出せば僅かに上に照射出来る。真の焦点位置は上下の変化無しに前後にだけ動くから、あくまで微調整だ。

 レンズを最も引っ込めて、低出力レーザー照射。手前一杯に焦点が出来る。当たり前だが台地の前面にすべてが集まる。

 今度はレンズを最も繰り出して、中出力レーザー照射。奥に焦点を結ぶが、途中も見える。

 レーザーダイオードの光がどんな感じに集光されるか良く分かる。
 この位置では焦点が薄ディスク結晶の外部になるため、不適切だ。レンズの繰り出しで上下位置を何とかするのは無理っぽい。

 ところが、ヒートシンク台座を取り外していじっていると、自分の誤解に気付いた。初期位置よりもヒートシンクを更に低くする調整余地が残っていたのだ。この台座の調節可能範囲は、かなり広い。
 かなり焦ったものの、結果として現状で薄ディスク結晶の位置は問題無しだ。

 そうなると、いよいよキャビティー部分の構造物を作らねばならない。
 薄ディスク結晶を貼り付ける際には徹底的にクリーン環境でないといけない。削り屑などを出す作業は、その前に全部完了させねばならない。

written by higashino [レーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4