Darkside(リンクエラー修正しました)

2010年3月31日(水) 20:54

ブラックホール

 この細いホースは猛烈に硬く、1本差し込むだけで大汗。握力が無くなる。しかし水冷パーツはパーツの寸法が微妙で、ジャストフィットする組み合わせだけで全部を組み立てられない。さすがに水冷パソコンは、未だに一般化しちゃいないからなあ。

 ここで保護用の黄色いマスキングテープを剥がし、Nd:KGW を透過させた状態で合わせ鏡を調整し直す。まだ増幅器には通電しない。そもそも注水してない。
 ところが、昨日と同じようにカメラをセットして VECTOR 1064 を発振させたところ、光が全く透過して来ない。画面真っ暗で、調整もへったくれもない。

 レーザー自体は発振しているようだが、ピンホールを斜めから観察すると暗くてはっきりしない。そこで、赤外線に強いビデオカメラの再登板。さすがに楽々と
1064nm をモニター出来る。明るさ十分過ぎる。

 レーザーは Nd:KGW の脇にヒットしているようだ。これじゃ透過しない。実際、増幅器とミラーは少しズレている。
 だが、ノギスを当てて確認すると、どうやら増幅機の位置は合っている。増幅機は最重要ユニットであり、位置決めする際には慎重に左右均等の間合いになるよう確認したから当然である。ミラーの方はいい加減な合わせ方しかしていない。

 VECTOR 1064 のレーザー射出穴も、ピタアリと中央に位置している。レーザー射出向きも、80センチ離れて観察出来たように、ほとんど斜めになっていない。
 これでどうして、増幅機中央の Nd:KGW をビームが透過して来ないんだ?

 まるで、手品である。増幅機はネジばかりか水冷ホースによっても固定されているため、持ち上げて照明に透かして覗くなんてことも出来ない。

 ここで思い出したのが、秋月グリーンレーザー。これで増幅機の Nd:KGW を照らしてみよう。532nm
はYAG全反射ミラーを平然と透過するので、現状のままで光線を送り込める。
 驚いたことに、増幅機中央の穴にグリーンレーザーを照射しても、反対側からは全く光が出て来ない。周知の通り1ミリワット以下でもレーザーの照度は極めて高く、角度がズレていたとしても透過光がゼロというのは考えられない。しかし、さすがにレーザー結晶が折れているなど致命的な問題がないことは確認済みである。組み立てた直後には増幅器を光にかざし、目視出来る欠け無しに向こう側を見ている。

 散々角度を動かしてグリーンレーザーを送り込んだにも関わらず、反対側からは一欠片の光も漏れて来ない。まるで内部にブラックホールが鎮座してるみたいだ。

 ただ、ミラーの軸がズレているのは本質的な問題ではない。両平面ミラーだから、合わせ鏡は成立する。だとすれば、このまま増幅器を作動させれば共振する可能性がある。
 注水し、ポンプを作動させる。続いて久し振りにLDドライバーのスイッチを入れる。念のため挿入した電流計が、きっちりと25Aまで振れた。しかし、共振しなかった。

written by higashino [レーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4