Darkside(リンクエラー修正しました)

2009年10月31日(土) 19:03

動くことは動くが

 まず第一に、光ゲートドライバーの出力を確認。初期電圧が高めである。光ゲートドライバー自身の総合抵抗値が大きめのようだ。IGBTが8並列にもなっているためゲート電荷の消費が大きく、ゲート電圧の低下が速い。だとすれば、初期電圧は高めで放置してもいいだろう。

 ターンオフ時の変動。第1段のときに見慣れたパターンである。回生先コンデンサーの電圧が下がっていることもあり、IGBTは壊れずに動作している。回生完了時の急変も、1回の落ち込みだけで済んでいる。

 ターンオフには8μ秒程度を要しているが、第1段に比べると電圧の違いを考慮しても少し速くなっている。これなら
I2t はかなり楽になっているだろう。ここもスピードアップコンデンサーは試さずに済みそうだ。
 ちゃんと動作しているものを、より良く出来るのではないかといじったら悪化した。そんな経験が良くあるので余りいじりたくない。ではスピードアップコンデンサーの話は結局は無駄かと言えばそうでもない。将来トラブルが発生した場合に、打つ手を多く持っているのは有利だ。

 こうして第4段まですべて完成!
 と言いたいが問題が発生。以上に示した測定波形は330Vフル放電のものだが、放電の瞬間に、また火花とオレンジ色の輝きが発生したのだ。充電を完了しても何ともなくて、放電の瞬間に落雷。これは、光ゲートドライバー周辺が怪しい。だが、例によって落雷の正確な位置は不明だ。

 完成記念に、順送り回生型4段式の動作をアニメにしてみた。本当は電流を赤で表示したかったのだが、ネット公開を前提にした動画の場合にどうしても赤は発色が悪い。仕方なく黄色にした。

written by higashino [コイルガン戦車 1/24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4