Darkside(リンクエラー修正しました)

2010年5月31日(月) 20:59

2L組み上がり

 足を横に折り曲げ、必要な長さに切る。
 再びマスキングテープで仮固定し、バイスに挟む。これで足をハンダ付けして合体させる。

 右に置いてあるのは見本ユニットで、足の向きが逆になっている。そのままマネしてはいけない。

 トランジスターのマーキング面を上にし、IGBTのゲート4つと左足をハンダ付け。

 続いて、中央の足とGNDを51Ωで接続。

 ツェナを省いたことにより、抵抗の設置空間を楽に確保できるようになった。

 最後に、ショットキーバリアダイオードを取り付ける。

 トランジスターの最後に残った右足は、PICからの信号を受け取る。それを通す向きに、右足と左足にハンダ付け。

 これが前回製造直後の写真(左側)。
 ここまでの製造手順を頭に入れてから眺めると、構造がすぐに理解出来る。

 ツェナがあると抵抗の設置が不自由。同じ働きをするツェナはIGBTに内蔵されているし、これまでIGBTが破壊されたのは電流・電圧・I2t
などに引っ掛かったものばかり。ゲートの電位オーバーは、ほぼ原因になっていないと判定されている。

written by higashino [コイルガン戦車24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4