Darkside(リンクエラー修正しました)

2007年9月30日(日) 13:17

充電器流用

 コイル試験装置の主役は、コンデンサー充電器だ。わざわざ建造するのも面倒なので、コイルピストルをバラして流用することにした。

 常用パーツは耐圧400Vが多いため、それ以上の電圧を加えられるようにしようとするとパーツ集めから始めねばならず面倒だ。定格330Vに対して360〜380Vを加えようと考えている。
 多段式であっても1段あたりのコンデンサー容量は400μFまでである。回生電流などもあるが試験では1000μFも確保すれば十分だろう。試験装置では消耗品は手軽に交換可能なので、普通の高圧電解コンデンサーを使ってみよう。耐圧が400〜450Vで1000μF前後なら、ストロボ専用などと言い出さない限り幾らでも売っている。

 愛用の千石ストロボ電解は耐圧330Vなので、それより高電圧で試験したい今回の工作には使えない。直列して使うなんて厄介は避けたいし。
 耐圧が引き合っても、コイルピストルのコンデンサーは廃棄処分。負担の大きなパーツを中古流用は信頼性が担保出来ない。1000発以上の実績があったメインコイルが短絡したのを見ても、中古が捨てられる理由は明らかだ。砲耳リングを取り外したりあれこれ作業を加えた段階で、ストームタイガーの正式主砲は中古と同じになってしまっていた。

 高圧コンデンサーのメーカーサイトを見ても、一度でも基板に取り付けたものを再利用するな、と書いてある。どんなに大丈夫そうであっても、物理的あるいは多くの場合は熱的にも負担が加わった後の信頼性は、新品同様ではあり得ない。
 壊れてもソイツを交換すれば済むだけならまだしも、周辺回路にも大ダメージを与えるのがパワートランジスターの世界である。怪しいパーツは仲間に入れられない。

 エネループ4本で稼働するコイルピストルの充電器は、電池の元気さによりかなり変化するがストームタイガー同様に約3ワットの充電性能だ。つまり、50ジュール程度までであれば十分に実用となる。
 出力電圧は現状330Vに調節してあるものの、この充電器は450V程度までなら上げられる。

 バケモノFETの耐圧が500Vであり、それが上限だ。

 実はチョークコイルの耐圧という問題はあるのだが、整然と巻かれているので隣接導線間の電圧はそう高くならないはず。コイルガンの主砲のように何層にも渡ってギチギチに巻くと、どこに弱点が出来るか知れたものではないけど。

 電池ボルダーとスイッチ部分もそのまま流用出来そうだ。ただし、ピストルのように手軽に手持ちで試験装置を動作させるつもりはない。場合によっては試験対象の絶縁が破れて派手な爆発ってことも
(^_^;)

written by higashino [コイルガン戦車1/35] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4