Darkside(リンクエラー修正しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2018年5月26日(土) 21:37

ドリル最強の味方

 車体傾斜機構を含めたサスペンション系統のギアを詰め込む空間のため、18ミリのスペーサーを調達。と言ってもそんな半端な長さのものは売っていないので、9ミリスペーサーを重ねて使う。

 しかし、10ミリと8ミリを組み合わせる方がベターだったようだ。雄ネジが長過ぎるため、組み合わせた後のスペーサーには長さ4ミリまでのネジしか入らない。
 もっとも、組み合わせたまま使うので、雄ネジを短くカットすれば使用に耐える。いずれにしろ、用心深く買い込む本数を制限しておいて良かった。

 一度に買い込まないのは当然に思えるが、それはリアル店舗で買える品の話。これは普通に秋葉原で買ったから良いが、通販だと回数が増えるほど運賃が無駄になるので悩ましい。

 本番では2ミリ厚のアルミではなく1ミリ厚のステンレスを使う気になっているが、試作は2ミリ厚のポリカーボネイトを使う。

 2枚重ねて、ドリルで穴を開ける。この2枚をスペーサーで18ミリ離し、間に歯車等をセットする。
 当初予定と異なり、大歯車を横に配置する。これにより重心が低くなるし車体前後端の空間を確保できる。ただし、中間サスのための空間は圧迫される。

 それにしてもポリカーボネイトに6ミリの穴を開けるだけなのに、テーブルドリルは何度もロックしてほんと嫌になった。非力過ぎる。ポリカーボネイトは丈夫なプラスチックだが、しょせんプラである。4ミリ厚のプラを貫通させるのに、何度もドリルが止まるのはいい加減にして欲しい。

 などと気分を害した直後に、発見した。

 小歯車用の6ミリ穴を開けたあと、それをガイドにして先日の冶具を使い、大歯車の6ミリ穴を開けた。そっちの6ミリ穴は、一瞬で綺麗に開いたのだ。ドリルは何の抵抗もなく、4ミリ厚のポリカーボネイトを貫いた。
 そう、ドリルは非力ではなかったのだ。ロックしまくるのは、ドリルの先端がブレるせいだった。

 この冶具は、ドリルが通る部分がベアリングになっている。すなわち、回転する。これを使うと、ドリルの先端が全くブレることなく保持される。通常の冶具と異なり、ドリルの回転を妨げないまま位置を固定させられる。
 位置合わせだけでなく、最初の穴を開ける段階から使うべきである。嘘のように簡単に、穴が開く。

 12ミリ穴を開ける時には、更に威力を発揮しそうだ。

 逆に、細いドリルで正確な位置に穴を開ける場合も、間違いなく効果があるだろう。各サイズのベアリングを買って、こういう冶具を作っておくと良い。単一穴用であれば、適当な平板に穴を開けてベアリングを差し込むだけでOKだ。

written by higashino [ドリル戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4