Darkside(リンクエラー修正しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2016年3月31日(木) 20:56

次の一歩

 1064nmバンドパスフィルターでのナイトショット。

 以前よりも干渉縞が明確で、ピントも合い易い気がする。

 赤色LDは発光しない。光が放出されないのではなく、最初から点灯していない。配線が引っ張られて筐体内で断線したのでなければ、戻り光で壊れたかもしれない。
 これまでは、光ファイバーが断線して赤色LDが放出されないことはあった。しかしそういう場合、根元では赤色LDの発光が確認できる。今回は、1064nmは相変わらず放出される一方で、赤色LDは根元から発光無し。

 不完全にレーザー発振が起きて、赤色LDへの戻り光が大幅に強くなり、破壊された。そういう可能性がある。本当に壊れたのであれば残念だが、レーザー発振できそうという点では大きな朗報になる。

 オープン状態になっている励起LD筐体その2を、1064nmナイトショットで見たところ。

 光ファイバーやPCが、ぼんやり光っている。励起LDは波長が違うので、全く映らない。

 OCの調達は結構面倒だが、できないことはないだろう。調達には何ヶ月も掛かる可能性が高いが、その間に別の作業を進められる。
 まず手を付けるのは、ダミーダイオードの改造である。
 現在のダミーダイオードは、APC制御用のフォトダイオード出力はエミュレートできない。そこで、電流を検出して電圧を出力する回路を追加する。本番レーザー銃では、光出力のモニターにフォトダイオードを使用し、これを電圧変換してPICに読み込む。ダミーダイオードでは、電流を元にできとうな電圧出力をでっちあげ、PICプログラムの動作確認に使えるようにしたい。

 エミュレート回路はマジメに組むと大変だが、そこは高速なSTM32でソフトで全部済ませれば良い。PICに比べれば桁違いに高速なので、電流を読んで電圧を計算し、それを出力・・・という作業をソフトで行なっても、PIC相手なら十分に高速だと期待できる。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4