Darkside(リンクエラー修正しました)

2011年6月26日(日) 20:05

本番用アングルに交換

 冶具で長さが正確に決まっているうちに、ハンダ付けで固定。
 ネジ止めに比べると長さ調整できなくなるだけでなく、外すことも出来なくなる。しかし長さが狂ったり折れ曲がるデメリットを考えると、固めた方が良いと判断。

 大雑把に言って、風量は回転数に比例し消費電力は2乗に比例する。だから、風量を少し妥協することで消費電力を大きく下げられる。
 レーザーの電力がレーザー砲の5分の1しかないゴキブリレーザーでは、相対的に冷却系の消費電力が大きくなる。そこで、レーザー砲用の0.9Aという大食らいファンを換装。0.6Aにした。これでも現行の市販品では、最も風量の多い部類に属する。

 冶具を本番用アルミアングル2本に交換。レーザー砲ではレーザーの光軸を固定していたので剛性を確保せねばならず、太いアングルを使用した。しかしゴキブリレーザーでは無関係なので、構造強度だけ考えて軽量なものを採用。

 これ元の素材は1メートルで売られており、先に30センチ切り出して使った。もう1本も切り揃えて、全長70センチになっている。長過ぎるが、現時点ではどれだけ切り詰めれば良いかはっきりしない。暫く70センチをくっつけたまま、実験を続ける。

written by higashino [ゴキブリレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4