Darkside(リンクエラー修正しました)

2012年7月10日(火) 22:39

ひとまず完成

 少々危険だが、パーツを組み込んだ状態でヒンジをハンダ付け。メンテナンス性が悪化するが、当面は強度の方が重要だ。

 LED発光部のパイプ(内径10.2ミリ)に差し込む、サイリウム発光体部分。

 外径10ミリ内径8ミリ長さ30センチのアクリルパイプを、3センチほどカット。直径4分の1インチのLED照明用極太光ファイバーも、長さを揃えてカット。挿し込む。
 厚さ1ミリのポリカーボネイト板から、長さ数ミリ幅1〜2ミリの小片を3つ切り出し、120度間隔で隙間に接着。これで光ファイバーを中央に保持し、エポキシを塗ってからパイプに挿し込む。

 先端キャップもエポキシで接着し、完成。
 ロータリースイッチによる明るさ切り替えも問題なく、今回もまた DC/DCコンバーター単体での定電流電源化は失敗した。やはりデジタル技術の助けが必要だ。
 とはいえ皮算用の8割ぐらいは性能が出るから、実用上は問題ない。サイリウムとしては破格の性能だろう。

 フルパワー発光で電池は1時間半ぐらい持つはず。実際は3色フル発光などまずないので、数時間のライブでも充分だろう。ポケットに替えの4本を忍ばせておけば、不安はない。電池ホルダーが剥き出しなのは、素早く交換できるようにするため。
 去年の不満点は解消できてるから、ひとまずこれで実戦投入。

written by higashino [発光ダイオード] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4