Darkside(リンクエラー修正しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2019年8月12日(月) 19:53

最後の容疑者

 いよいよ、かなり怪しいエアダンパー・ピストンヘッドを調べる。

 最後の最もおいしいピストン位置をクッションに浪費するのだから、大きなパワーダウンが予想される。
 だが、メーカーサイトを調べると、パワーダウンは小さいとデーター付きで主張している。また、使用例を探しても、13%ぐらいパワーダウンしたという例もあるがその程度で、大半は数パーセントのパワーダウンに収まっているようだ。

 オリジナルのピストンに戻したところ、パワーアップしたが確かに数パーセントだけだ。バレルはオリジナルの方だが、カスタムバレルよりパワーが上になっている。それでも、差は小さい。
 少なくとも、ほぼ40%にも達する途轍もないパワーダウンの主犯であるとは考えられない。そしてこれにより、エアダンパー・ピストンヘッドの正式採用も決定。

 パワーダウンが常識的な範囲内に収まるのであれば、メリットの方が明白に大きい。



 なお、メカボックス分解時に、ノズルを外した状態でシリンダーの排気口を指で塞ぎ、ピストンを手で動かして気密を確認済みである。気密は全く問題がなく、カスタムシリンダーとエアダンパー・ピストンヘッドは完全に機能を果たしている。
 シリンダーの排気口とノズルの間に気密が問題ないことも、確認済み。

 そこでノズルは白い方に戻し、Oリングだけクラシックアーミーのものに交換。前後動がかなり固くなったが動き自体に問題はなく、これで更に気密の不安は無くなった。
 エアガンは気密を取らねばならない場所が多岐に及び、公差の範囲内でキツいユルいの相性もある。カスタムガンは、容易に調整できない。

 アウターバレルを加熱し、主砲ホルダーと分離させる。
 主砲ホルダーの根元が溶けてズレないよう、ネジで結束してある。

 チャンバーの加熱分解は、予想より遥かに大変だった。

 オートウエルドの耐熱温度は300度だが、ガスの炎がそれより遥かに高温であっても、なかなか燃えない。分単位で炙ってようやく燃えるが、実際に炭化するのは表面だけ。内部は綺麗なままだ。アルミは熱伝導が良いが、ステンレスとくっついていると妙に温度が上がらない感じ。
 これで実感したのは、実用上のオートウエルドは非常に加熱に強いこと。数字上もハンダは200度で溶け出すわけで、オートウエルドの方が遥かに熱に強い。

 金属との接触面は先行して温度が上がり、変質する。それでも剥がすのは大汗で、チャンバーの固定強度は充分だと判明した。
 この状態から作り直すのは面倒過ぎるが、作り直したものが電動ガンの衝撃に耐えられないということは、まず無さそうだ。

written by higashino [ラジコン用エアガン] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4