Darkside(リンクエラー修正しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2019年9月8日(日) 19:01

マガジン改造成功

 イモムシの一端をBB弾出口のステンレスパイプに挿し込み、もう一端をチャンバー側にハンダ付け。

 真鍮ギアを確実に回避可能な角度で、現物合わせ。短いくせに厄介な道路工事が、完成した。

 ステンレスアングルを追加し、補強。

 剛体であるが故に、ただ差し込むだけで接続完了する。完成してみると、分解可能な構造のくせに非常に扱い易い。

 個数を数えて、BB弾を詰める。これで、250発だ。

 300発詰められるかどうか微妙である。装弾中のBB弾まで含めれば、可能だろう。しかしBB弾を最初に詰める時は、装弾途中分はロスになる。それでも安直に詰めて安直に運用しても、200発以上撃てるのは間違いない。
 ジャムらず確実に動作してくれるのであれば、これは強烈なファイアーパワーだ。

 複雑に曲がっていて、切れ込みによる荒れた内壁を持つ給弾路。これが詰まることなく、BB弾を送り出してくれるかどうか。
 エネループは、2本に増強してある。

 通電すると、BB弾が気持ち良い勢いで飛び出して来た。

 だが調子に乗って放置していると、詰まった。とはいえ、それはチャンバーに詰まったのであり装弾不良とは言わない。
 もともとチャンバーから次々にBB弾を抜かないと、詰まるのは分かり切っている。だから綿棒で突きながら試験するつもりだったが、余りに装弾ペースが速いため作業困難。更に、放置しても快調だたから、放置してしまった。

 詰まりを解消したら後は、間歇通電し適宜BB弾をチャンバーから取り除いた。

 チャンバー内の渋滞を別にして、装弾トラブルは皆無。カスタムマガジンにしてから、快調そのものだ。
 BB弾は毎回使い回ししている。よほど目視で酷いものは取り除いているが、基本的に汚れとか傷とかゴミとかそのままである。条件が悪くてもジャムらない信頼性を確保したうえで、本運用では新品BB弾を詰めて使う。

 これで、多弾マガジン側の改造は完了かつ成功と考えて良いだろう。
 次は、制御側である。マガジンへの送電を、うまく制御しないと実用にならない。

written by higashino [ラジコン用エアガン] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4