Darkside(リンクエラー修正しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2016年8月12日(金) 21:00

命のバックアップ

 ノード同士の接続と、各接続の信号強度。そんな単純なハードウェアで知能が実現できるというのは、直感的に納得し難い。それゆえに、自我とは何か?知能とは何か?魂は存在するのか?などなど哲学的な疑問が生じていたと思われる。
 しかし試してみると、数万ノードと数百万接続というオーダーでも、単機能であれば相当に知的な作業が可能だと判明した。
 人間の脳には、数百億ノードに兆単位の接続が存在する。それほどの規模になれば、十分に知的な振る舞いが可能だろう。
 これが知能のすべてであり、自我も意識も人格も魂も実現されている。そういう考え方は別に新しいものではない。単に、それが正しい可能性が高まっている、というだけだ。

 いったんこれを認めると、派生していろいろなことを考えてしまう。

 知的生命を「ダウンロード」したり複製したりする(それが可能である)というのは、古典的な考えだ。
 ディープラーニングでの経験則として、信号強度は16ビット精度で実用になるらしい。となると、接続1つあたり2バイトで表現可能。
 ノードは小脳1000億を含めて、5バイトあればIDを割り当て可能。接続先リストを並べると、1接続あたりやはり5バイトで、信号強度に2バイト。大雑把に、8バイトあれば1接続を表現できる。
 やや多めに見積もって脳内に10兆接続あるとしても、80兆バイトすなわち80テラバイトあればダウンロードできる。

 最近のHDDはコストパフォーマンスで3TBあたりがベスト。8TBだって2〜3万円で買える。個人がRAIDを組めるレベルで、1人の人間のすべてをダウンロード可能ということだ。信号強度に16ビットでは不安だから24ビットあるいは32ビット使ったとしても、1接続あたり1バイトないし2バイト増えるだけなので大勢に影響はない。
 接続数に関してはノート1つあたり数万という説もあるので、そうなると何桁が増えてしまう。だが、それでもハードウェア的には「命」のバックアップを取るというのは現実的な話になっている。

※もちろん、神経細胞の結線と信号強度を、どうやって読み出すのか?という最大の問題は放置されている。

 想像は際限なく広がってしまうが、まずは命のバックアップを考えてみたい。
 人間は、脳の神経細胞にある程度以上のダメージを負うと、死ぬ。死んだ人間は、生き返られない。それは、壊れたHDDからデーターが永遠に失われるようなものだ。データー復旧サービスというものもあるが、実際にはデーターが消えていないから可能なのであり、銃弾に破壊されたHDDからデーターを復旧させるのは頭を撃ち抜かれた人間を生き返らせるぐらい不可能である。

 確実に破壊されたHDDのデーターを復活させる手段は、バックアップから戻すことしかない。
 では、脳のすべてをダウンロードしてバックアップしてあったとして、死後にそれをレストアしたら「生き返った」と言えるだろうか?
 HDDのデーターは、バックアップを取った時点までしか復活しない。それ以降に書き換えられたデーターは、復活しない。それでも、実用上は大抵の場合何とか許容範囲だろう。
 同様に、復活脳もバックアップを取った時点までの記憶しか持っていないはずだ。それでも人格はほぼ復活であり、十分に生き返ったと考えて良いのだろうか?

・脳のバックアップを毎日取れる程度の、個人使用可能なお手軽超科学装置。
・脳神経細胞を培養し復活させ、そこに脳のバックアップをレストアできる超医療。

 そういうものができて、注意深くバックアップを取っておく生活が当たり前になったとして、死に対する恐怖は薄れるだろうか?

written by higashino [科学コラム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4