Darkside(リンクエラー修正しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2019年4月30日(火) 17:22

穴開け難航

 1個目のワッシャーに10箇所の穴を開けたので、2個目に取り掛かる。すると、7個目の穴を開けようとしたところで、急にドリルが掘れなくなった。

 厚さ2ミリのステンレスに穴を開けるのは極めて困難である上に、現物合わせで複数のワッシャーの穴位置を合わせねばならない。既存ワッシャー穴をガイドとして別のワッシャーに穴を開ける必要があるが、それを繰り返すと穴が僅かずつ大きくなってしまう。
 そこで、いきなり目標の2ミリ穴を開けるのではなく、1.4ミリないし1.5ミリの穴を開けている。すべてが終了した段階で、この穴を下穴として使用し本番の2ミリ穴を開ける手はずだ。

 その1.5ミリ穴の段階で、急にドリルがバカになった。ここまで快調に穴を掘れていたのが、どんなに力を加えても掘れない。穴が無意味に横に広がるだけで、縦に掘り進んでくれない。

 ここに至り、どうやらワッシャーに10個の穴を開けるという作業は、恐らく完遂できないだろうと実感する。ステンレスの加工は、常に頭が痛い。自分の計画は、現実性を欠いていた。
 そこで、ワッシャーあたり5個の穴で済ませることにした。残る5個は、ダミーのネジ頭をハンダ付けして見た目だけ飾るとしよう。

 更に、ワッシャーにフィットするサイズに焼き入れリボンの輪を作成。これで穴ガイド用のワッシャーと、穴開け対象ワッシャーをズレることなく固定する。そして新しいドリルビットを使い、次々に5つの穴を開けて行く。

 しかし、またしてもそれほど多くの穴を開けないうちに、ドリルが掘れなくなった。

 基本的に、直径の小さな穴の方が掘り易い。それなのに、なぜ1.5ミリの穴を開けるのにここまで苦労させられるのか?
 ステンレスの加工でも、厚さ1ミリと厚さ2ミリでは難易度が桁違いなのかもしれない。

 これでは、まるで作業が進まない。穴を開けるのが、ここまで困難だとは思わなかった。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4