Darkside(リンクエラー修正しました)

名前

URL

タイトル

コメント

2019年10月7日(月) 21:12

ローサイドドライバー

 ローサイドFETの、ゲートドライバーを取り付ける。

 GND電極に、ゲートドライバーGNDをハンダ付け。
 これまた、熱容量と大放熱が強敵になる。ハンダ付け不良を起こしやすい状況だ。

 紫色のゲート配線を、ゲートドライバーにハンダ付け。こっちは、普通のハンダ付け。

 反対側も、同様にゲートドライバーを取り付ける。

 もはやお馴染みの空中配線だが、このまま放置すれば短絡しまくり。動作試験までに、何らかの処置は必要だ。

 赤い12V配線を束ね、DC-DC コンバーターにハンダ付け。
 太い配線も、2本追加してある。この2本のうち、1本は短い。予定外に 12V
が必要になった場合の、予備配線。残る1本は長く、電動エアガンの基板に引き込む。配線距離が長めだしコネクター抜き挿しの耐久性も考慮し、太くしてある。

 気が変わり、今の内に処置を済ませることにした。

 最小限のオートウエルドで、ゲートドライバーを固定する。目的は、固定以上に、短絡防止。
 オートウエルドによる固定は、後から剥がすのが至難になる。だから、動作確認した後に行いたい。だが、動作確認のためには、その前に短絡防止が必要。マスキングテープで短絡防止しようとしたが、実装密度が高く、後からマスキングテープを剥がすのが厄介そうだ。
 そこで、最小限だけ使用して、オートウエルド。これなら、無理矢理剥がすことも何とか可能だし、剥がさずに相当部分のハンダ付けポイントにアクセスできる。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4