Darkside(リンクエラー修正しました)

<< 前のページ | 次のページ >>

2018年8月14日(火) 20:44

AIの搦手

 最近流行の人工知能に対し、趣味としてどう関わって行くかを判断する第一歩として、この本を買って来た。AlphaGoZero
を受けての改訂版で、先月出たばかりの新刊である。

 自分は、人工知能にガチで取り組むつもりはない。というのも、現在流行の最先端になっているAIは、計算リソースが決定的に重要だからである。
 強力なAIを手にするためには、膨大な計算リソースが必要になる。アルゴリズムではなく、計算リソースが勝負を決める。そういう匂いがぷんぷんするわけだ。AlphaGoZero
がたった3日で人類を越えたと喧伝していたとき、個人のPCで計算やらせたら350年ぐらいかかるよ、って話があったわけで・・・本当に恐ろしいのは、Google
の計算リソース。

 しかもその場合の個人のPCって、10万円クラスの高級ビデオカードを2枚挿ししているような一般人離れしたユーザーのPCだ。

 そんな計算ソリースで殴るような世界に、趣味でほいほい参入してもロクなことにならないだろう。
 思い切りアテが外れた。実を言うと、囲碁AIは将来の趣味として狙っていたのである。理由は、難攻不落であり、かつカネが掛からない趣味だから。それが、あっさり落城したうえに、カネが無ければどうしようもない世界に一変しやがった!

 ただ、AI自体は非常に華やかであり、興味を惹かれる応用分野が幾らでも存在する。そこで、真正面ではなく搦手から攻めてみたいと思う。非現実的な計算リソースを要求されず、それなりに楽しめる搦手である。では、それは具体的にどういうものか?

 しょうじき現状では、判断する能力が不足している。だから、第一歩なのだ。

 蛇足ながら、あの有名な質問「2位じゃ駄目なんですか?」に対する答えも今や非常に簡単になったと思う。
 計算リソースは人工知能の能力を直接的に決める要因となっていて、計算で後れを取れば人工知能で遅れを取りますよ。

written by higashino [ネット・PC] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2018年8月13日(月) 22:49

初期不良?

 で、肝心の人感センサーだが、どこまで使い物になるのか?
 いつも通り室内でチェックすると、確かに検知するものの誤検知も多い。

 ここで放射温度計を試すと、部屋の壁が30〜31度で体表が34〜35度。その差が4度ぐらいしかない。壁のみならず、センサーやレンズも31度ぐらいある訳で、これはS/Nが悪化するのも仕方ない。
 やはり夏場は、人感センサーに辛い。

 しかし放射温度計を使うと背景温度が確認できるので、少しでも温度差を確保できる設置場所を探す役に立つだろう。
 また、夏場以外ならもっと効果的に人間を検知できるはずだ。本番環境に行けるのはお盆開けになるが、果たしてどうなるか。

 ところで、これは秋月の DC-DC コンバーターで、うっかり燃やしてしまった。

 実は人感センサーは、エネループ2本で動かそうとしたのだ。
 そこで、2.5Vから使える昇圧コンバーターも買っておいた。これで12Vを作るつもりだった。

 しかし、エネループ2本を入力しても電圧が上がらない。
 入力2.6Vぐらいあるのに、出力が2.5Vしかない。スルー出力になっているのかと思ってSW1の短絡状態を変えても、頑として2.5V出力から変化しない。電圧調整用のボリュームを回しても、全く変化しない。

 そういえば5番ピンがリモートになっているのか。これを+入力と短絡させれば出力されるのでは?
 とやったら燃えました。基板の右上パターンが燃えてます。

 燃えるまでの試行錯誤で、何やっても駄目。初期不良品だったのかもしれない・・・

written by higashino [カメラ] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2018年8月12日(日) 19:07

人感センサー

 秋月電子の人感センサーを、組み立ててみた。

 ハイスピードカメラのトリガーという用途上、非常に指向性の高い人感センサーが欲しいので、そういうセンサーを買って独自に製作するつもりだった。ところが秋月を確認すると、そのものズバリの超指向性人感センサーがキットになっていた。しかも安い。
 さっそく予定を変更し、秋月キットを購入。

 ドップラーセンサーの実地試験では、ダイソーブザーの音量不足を感じた。そこで、大音量のブザーを千石電商で購入。90デジベル@20センチである。
 12V動作だが、40ミリアンペアぐらいなので秋月キットで直接ドライブできる。

 エネループ4本を電源に、DC-DC コンバーターで12Vに昇圧。ブザー電源。
 同じく秋月レギュレーター基板にて、5Vに落として人感センサーを動作させる。
 なぜわざわざ12Vから5Vを作るのにキットを使っているかと言うと、間違って買ってしまったからである。昇圧コンバーターだと錯覚して買ったら、降圧だった。使えねえ!
 降圧は三端子レギュレーターでも可能なので、意味が無い。DC-DC コンバーターは昇圧に限る。

 とにかく、持っていても使い道がない死蔵在庫なので、使った。

 秋月キットには元から三端子レギュレーターが実装されているが、12Vまでは対応していない。

 なお、日中屋外での使用が前提であるため、CDSによる明るさ確認は実装していない。ブザーはトランジスターで直接ドライブ可能なので、リレーも実装していない。

written by higashino [カメラ] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 前のページ | 次のページ >>

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4