Darkside(リンクエラー修正しました)

2010年05月07日の記事

2010年5月7日(金) 21:42

射撃PIC破壊

 電磁波シールド用のアルミテープを剥がすと、ぎっしり密集した配線が剥き出しになる。

 しかし、PIC周辺はエポキシに埋まっている。これを強引に破壊して行く。

 ベースとなるプラスチック板は弱そうに見えるが、厚さ2ミリのポリカーボネイトである。エポキシ破壊作業で傷は付いても割れそうな雰囲気にないのはさすが。

 周囲の配線は当然切断したが、果たして元に戻せるかどうか。難しいのは結線作業ではなく、どれをどのピンに接続すれば良いかを正確に確認する作業である。
 作った当時のメモどっか行ったし(汗)

 装填PICの方は特に問題が無いので、そのまま使う。

 射撃PICともども16F84で間に合っているのだが、電源の不安定に対する耐性に関して16F88が遙かに上回る。だからできれば16F88に置換したいのだが、するとプログラムを書き換えねばならない。これかなり面倒なんだよな。
 純正アセンブラは秋月アセンブラに比べて、かなり使い難い。特に装填PICの方は、秋月アセンブラの便利な部分をフル活用してプログラミングしたので移植は激しく苦痛。

written by higashino [コイルガン戦車24] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4