Darkside(リンクエラー修正しました)

2016年03月01日の記事

2016年3月1日(火) 21:32

アナログ

 やっぱり自動調芯は気楽だ。

 準備は面倒だが、準備でしっかり清掃しまくり頑張れば、綺麗に切断できて綺麗に仕上がる。

 すぐにアルミパイプを融着位置にズラせ、両端にエポキシを塗って固定。

 2つ目の融着は、やや推定損失が大きい。

 融着前には、切断面も綺麗で全く問題なし。それでも0.04dBが出るというのは、融着という作業の厄介さである。アナログ過ぎて、仕上がり品質が安定しない。やり直したら仕上がりが良くなる保証もない。

 こっちは赤色LDと直結しているので、発光させると側面漏洩光は確かに多めである。そしてその漏洩光は、AFとPFを手動融着していたときよりも遥かに多い。クラッド透過光の除去やってないのも理由だろうが、それでもAFとPFの手動融着は自分で思っていたよりも高品質に仕上がっているのかもしれない。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4