Darkside(リンクエラー修正しました)

2017年07月05日の記事

2017年7月5日(水) 21:46

1693フレーム

 第3コーナーでも、アクセルオフではなく第2コーナー同様のアクセル連打で曲がるのを再度試してみた。以前試して遅いことが判明しているが、微調整が容易という捨て難いメリットがある。だが、やはり遅くなった。何フレームも遅くなるので、話にならない。
 ポート2後半の3連続コーナーは、すべて最適な操作方法が異なる。

 現時点での最速解で仮に先を進めたら、2周目は1693フレームになった。

 作り直し前は1694フレーム強となり、ラップタイム的には1695フレームを要した。
 今回は1693フレーム弱であり、ラップタイム的には1693フレームだ。

 問題は、約1692.4フレームだと思ったら約1692.8フレーム差だったこと。
 3つ目のコーナーを抜けた後の右旋回で、遅くなったのか?
 しかしそこは速度差があるため、単純に1周目と2周目を並べても比較が難しい。
 まずは、faster 解が得られないかどうかスクリプトを修正して試行錯誤してみるべきだ。得られなければ、ラップ1693フレームで諦めるのも止むを得ない。

 もともと棒磁石地帯の入り口では、1周目と2周目の差は約1693フレームだった。それが、棒磁石地帯で2周目が速く、差が約1692フレームに縮まった。更にそれが、3連続コーナーの最後で1周目の方が速くて、差が再び1693フレームに開いたという推移である。
 部分最適が全体最適につながらないというのは、散々経験している。途中でロスのある走行をしたおかげで、最後の天王山コーナーを最速で抜けられる当たり判定を引いたとも考えられる。

 もちろん当たり判定の良し悪しは1フレーム周期で訪れるから、約1693フレーム差から約1692フレーム差へと1フレーム詰めたのであれば、1周目と同様の当たり判定を引けてもおかしくない。
 だが、実際は1フレームに僅かに足りないたけ詰めた・・・という可能性もある。

 これから3周目以降そしてグランプリの5周と、散々ここは付き合わねばならない。製作に何年も掛けるならともかく、何度も繰り返さねばならない作業だから諦める決断も必要になる。
 ただしそれでも、なぜ3連続コーナー後の右旋回で遅くなった(と思われる)のか理由を究明する必要はある。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4