Darkside(リンクエラー修正しました)

2017年11月12日の記事

2017年11月12日(日) 18:59

地味に難問

 プロジェクタイルの製作方法も、まだ決まっていない。
 棒付きであることは確定しているが、問題は棒を固定する具体的な方法だ。頭の中で理想をイメージするのは容易だが、それを実体化するのが難しい。強度が足りず、パイルバンカーを動作させたとたん破損する可能性が高い。

 誰でもすぐに思い付く最も単純な方法は、円柱形の鉄を串刺しにすることだ。まずは、それから試す。

 太さ1センチの軟鉄棒を長さ4センチに切り出し、コイル製造冶具の側面板として使用する金具に挿入する。そう、太さ1センチということで、ピッタリとハマるのだ。実際は少し緩いので、マスキングテープを半周だけ張り付けて調整。回転防止ネジで傷付くのを防ぐのに丁度良い。

 これで垂直を確保し、中心部にドリルを当てる。ドリルは2.8ミリで、穴を貫通させてから3ミリのステンレス長ネジを挿入する予定だ。本来ならドリルとして2.5ミリを使用し、次に3ミリのタップを使ってネジミゾを切るのが正統な手順である。
 しかし、4センチを貫通可能なタップが手に入らない。

 長さ4センチの鉄棒を縦に貫通する穴を開けるのは、電動工具でも想像以上に大変だった。何度も何度もドリルがロックしてしまい、本当に苦労した。

 苦労が報われて遂にトンネルが貫通したと思ったら、危惧した通りセンターがズレていた。お話にならないぐらい、ズレている。
 2.8ミリという細めのドリルで4センチもの鉄を貫通させると、剛性が足りずに途中でドリルが曲がり、穴も曲がってしまう。これに対する有効な対策が、思い浮かばない。

 ドリルを使った経験は膨大なので、この結果は十分に予想していた。だからこそ、棒を固定する具体的手法に苦慮していたのだ。やる前から、このやり方が失敗するのは分かっていて、でも万一成功すれば課題解決だからと試したのだ。
 でも、駄目だった。

 工業的には、こんなパーツ幾らでも製造されている。それこそ、絶対に曲がらないドリル・・・例えばレーザー光線・・・で下穴を開ければ楽勝だろう。どうしようもなくなったら、金属加工を行ってくれる業者を探して頼めば良い。
 しかし、できれば自作したいところだ。これは趣味であり、自作そのものに意義があるのだから。

written by higashino [マルチローター] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4