Darkside(リンクエラー修正しました)

2018年01月07日の記事

2018年1月7日(日) 21:12

ホイールスピン

 #08を無損害クロアしたので、新たな最速マシンCB427が手に入った。
 だが、これを#09に投入するとスタート時が問題になる。砂地なので、激しくホイールスピンを起こして加速が悪くなるのだ。

 そこでアクセルを緩めてホイールスインを防止するのが重要で、確実に速くなる。では、どれぐらい緩めれば良いのか?
 それをスクリプトで自動処理できるようにしなくては、TAS製作が大変になり過ぎる。

 アクセルの開度を変化させ、1フレームで前進する距離を調べれば良い。最初はそう考えたが、やってみると常に全開が最速という結果になる。
 何フレームかまとめて前進距離を調べると、ちゃんと半端アクセルの方が速いという結果になる。だが、当然正確なギリギリのアクセル開度は分からない。
 フレーム数を変化させて実験すると、6〜8フレームまとめるのがベストだと判明。処理落ちを考慮し、8フレームまとめて調べることにした。

 ホイールスピン抑止により、砂地スタートは断然速くなった。また、ホイールスピンしているように見えても2速以降はアクセルアクセル全開でOKなことも判明した。

 問題は、スタート直後の低速時だ。
 そして良く見ると、アスファルトでも一瞬ホイールスピンしているようだ。防止スクリプトを使うと、アスファルトでも速くなった。

 ATでもMTでも、CB427は時速100キロ到達2秒46で変わらない。
 だがMTでホイールスピン抑止を行うと、2秒43で到達するようになった。
 CB427は、スタート時のホイールスピンを防がねば、TASにならない。

 更に、1速から2速へのシフトアップのよる速度変化が厄介なタイミングで絡むため、CB427のMTスタートは極めて難しい。TASでも僅かなミスで、遅くなる。ATより1フレーム速くするためには、針の穴に糸を通すような操作が必要だ。
 人力なら、間違いなくATの方が速い。

 旧最速のNSRは、時速170キロ到達まで8秒70。

 対してCB427なら、時速170キロ到達まで6秒76。

 時速200キロだって、9秒50。10秒を切る。

 NSRだと、12秒40必要だ。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4