Darkside(リンクエラー修正しました)

2018年03月11日の記事

2018年3月11日(日) 21:16

1500回帰

 MT選択のロスは4フレームだったものが2フレームで済むようになったのではなく、2フレームだったものが0フレームになった、というのが正しかった。

 ランナバウト2は2INTだが、VGA解像度の画面では1INTである。
 トランスミッション選択画面はVGA解像度なので、1フレーム単位でキー入力を受け付ける。
 ATを選択する場合、Aボタン1フレーム→何も押さない1フレーム→Aボタン1フレームである。
 MTだと、Aボタン1フレーム→右矢印キー1フレーム矢印Aボタン1フレームとなる。

 どちらでも、フレーム数は変わらない。MTだからと言って、ロスは皆無なのであった。

 1500のシフトタイミングを、キッチリと確認し直す。

 実のところ以前は、綿密にチェックしたのは1速から2速に上げるタイミングだけだった。今回は、すべてを綿密にチェックする。
 久しぶりに1500を操作すると、やっぱ遅い。

 シフトチェンジの最適化が完了したので、本番#01を作り直す。

 AutoではなくShiftと表示されていることにより、MTであることは分かる。まず間違いなく、作り直す前より速くなるはずだ。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4