Darkside(リンクエラー修正しました)

2018年04月06日の記事

2018年4月6日(金) 22:02

衝突旋回

 補足だが、DRAGのブレーキはパラシュートである。理屈上は、パラシュートはジャンプして空中にいるときでも効く。 そして実際、DRAGのブレーキは空中でも有効だ。ジャンプ中のハンドルは効かないが、ブレーキは効く。
 ちゃんと作られている。 リバースギアによるブレーキは、もちろん空中では効かない。

 さて、壁へのうまいぶつけ方を調べると、思った以上にギリギリまで加速を続けられることが判明。

 リバースギア減速しながら右フル旋回し、壁にぶつける。

 そして、跳ね返されてからも延々と減速を続ける。

 ひたすら減速し、インすれすれを旋回。しかし、この速度ではまだ速過ぎて、曲がり切れない。

 だが、こうなるともう減速をやめて再度壁にぶつける方が速い。

 またアウト側の壁にぶつけ、これでようやく無事に抜けられる。

 高速で壁にぶつけると、大幅にダメージが溜まる。しかし、DRAGの耐久性は意外に大きく、TASだとこういう走り方に不安は無い。
 人力実機プレイだと、コース次第で耐久製はかなり不安に感じる。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4