Darkside(リンクエラー修正しました)

2018年08月04日の記事

2018年8月4日(土) 21:29

そうは問屋が

 欲しいものを製造できる手順が判明したので、あとは大量生産。
 そう考えたのだが、それほど甘くなかった。

 下準備としては、
1)ゲート端子に細く短い配線をハンダ付け。
2)ソース端子を充分にハンダメッキしておく。
3)太い配線を充分にハンダメッキしておく。
4)ゲート端子の配線をオートウェルドで固定。

 という順番になる。
 このうち、まずは1)と2)を大量生産しようと考えた。いずれも、全体加熱せず普通のハンダ付け作業である。熱が逃げるとハンダ付けが困難になるので、銅板に載せず木の板で作業する。

 しかし、なかなかハンダが馴染んでくれない。もともと電極は1ミリ角ほどの極小なので、難易度が高い。それでもゲート配線を取りつけることができたので視認すると、至近のソース電極との間にハンダブリッジが出来ている可能性あり。

 テスターで確認すると、無情にも短絡している。ブリッジを取り去ったつもりでも、短絡が解消しない。
 泣く泣く配線を外し、ハンダを清掃する。念のため、その状態でテスターを使うと、まだ短絡したままだ。

 ソースとドレインなら、正常状態でも短絡することはある。しかし、ゲートとソースゲートとドレインが短絡することは、ありえない。あるとすれば、FETが壊れている。別のFETにテスターを使うと、ソースとゲートはちゃんと絶縁している。
 その別のFETに対して作業を行い、ゲートに配線をハンダ付けした。テスターで改めて確認すると、ゲートとソースは短絡していないままだ。

 つまり、左のFETは無事に作業完了し、右のFETは壊れている可能性大。そう簡単に、作業は進まないようだ。

written by higashino [ドリル戦車] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4