Darkside(リンクエラー修正しました)

2019年03月02日の記事

2019年3月2日(土) 19:50

トリガーサーボ

 ほぼ、初期構想のイメージ通りにコイルガンを設置できた。

 しかしマガジンを挿すと干渉してしまい、ローディングアーム絡みのピアノ線やネジ頭をギリギリまで削る羽目に陥った。
 ほんとうに紙1枚挟む余裕もない完全密着実装状態で、ギリギリも良いところで収まった。

 マガジンを挿すときは鉄棒を押し込みながら行わねばならないため、スライドを外した状態でなければマガジンを挿せない。だから、人間が普通に扱う銃としては実用にならない改造である。最終的には、BB弾の供給も大幅に改造する。

 トリガーのすぐ脇に設置したサーボでトリガーを引くため、最も安直な改造手法を採ったように感じる外見となる。
 だが、中身は大変な苦労をして交換済みだ。

 サーボーモーターは秋月に置いてあった奴で、そこそこ小型&トルク優先。

 2ミリネジの頭と、内径2ミリのベアリングをハンダ付け。

 ベアリング外装は、普通はハンダ付け困難。ベアリングは水を嫌うので、強酸かつ洗浄必須の板金用フラックスも使えない。しかし実は、グラインダーで表面を削るだけで普通にハンダ付けできるようになる。

 サーボ取り付け台は、2ミリ厚のポリカーボネイト板を3枚積層し、アクリダインで溶接。2ミリネジを切って完成。
 アームが通るように、一部を切り取った。

 銃側はヤスリで平面を作っておき、これもアクリダインで溶接する。

written by higashino [ラジコン用エアガン] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4