Darkside(リンクエラー修正しました)

2019年04月21日の記事

2019年4月21日(日) 23:59

M6×16ワッシャー加工

 加工が厄介だと予想される、大型の穴開けから試す。

 M6×16ミリのワッシャーの穴を、11ミリまで広げるという難作業である。
 ワッシャーをバイスで固定しても、ドリルのトルクで回転しアッという間に外れてしまう。固定のための外周と、ドリル穴の直径が大差ないため、固定力が負けてしまう。どう頑張っても、固定し切れない。穴が大きくなるに連れて、どんどん固定困難になる。
 とてもじゃないが、11ミリに広がるまで持たない。

 そこで、M12×35ミリの大型ワッシャーに、目的のワッシャーをハンダ付けして固定。

 更に大型ワッシャーは外周を一部切断し、固定時に回転しないよう対策。

 これでドリルを使うと、楽々11ミリの穴が開いた。10秒か20秒で済んでしまう。
 ただし、ハンダ付けするために長時間を要する。余りの回り道なので最後の手段のつもりだったが、万策尽きて試したら・・・急がば回れ、だった。
 絶望的な穴開け作業が、何とか容認可能な手間で可能となった。

 さすがにセンターは合わないが、M6を11ミリまで拡張するのだから仕方ない。

 外す時は、ガスコンロで炙るのが速かった。
 この後は、余分なハンダを除去する作業が残っている。

 危惧された製作は成功したが、M12×35ミリのワッシャーは当然使い物にならない。必要数の8個ピッタリしか買っておかなかったので、追加の買い出しを要する。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4