Darkside(リンクエラー修正しました)

2019年04月25日の記事

2019年4月25日(木) 21:50

ローラー部分試作

 転輪がキャタピラと接する部分を製作するため、焼き入れ鉄リボンを切り出す。

 このリボンを円筒形に巻いて塗料皿にハンダ付けし、その上からゴムを貼る手筈だ。本来なら鉄パイプを1センチ長に切り出して使いたいが、適切な直径の鉄パイプが手に入らない。仮に入手できたとしても、たいていは長さ1メートル以上になる。
 10センチもあれば足りるのに、1メートルを買わねばならない。そういう積み重ねで、フルスクラッチは想像以上に高コストとなる。

 リボンの端1センチぐらいに、ハンダメッキしておく。例によって、板金用フラックスがあれば楽勝。

 反対側の裏面にも、同様にハンダメッキしておく。

 ハンダメッキ部分が重なるように丸め、クリップで固定。

 平面が出るように、固定位置を微調整する。

 固定部分をガスコンロで加熱し、ハンダを溶かす。
 クリップにより密着し、ハンダ付け完了。流水で冷却洗浄すると、リボンの弾力により円形になる。

 ほぼ皮算用通りの仕上がりだが、重複部分が想像以上に固い。これで、綺麗な円になるのを妨げられている。ペンチで折れ目を付けると実用範囲だが、わざわざ折れ目を付けるのは気に食わない。
 どうやら、重複部分をもっと短くする必要がありそうだ。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4