Darkside(リンクエラー修正しました)

2019年05月01日の記事

2019年5月1日(水) 22:58

死屍累々

 焼き入れリボンが緩んで、充分に固定できなくなった。ドリルを使うと、振動で外れてしまう。
 そこで、ハンダ付け実行。ガイドワッシャーと目標ワッシャーを、外周3箇所でスポットハンダ付け。これで固定して穴を開けてから、ガスコンロで炙って分離させる。

 更にはドリルが次々に使い物にならなくなるので、下穴1.5ミリという概念を断念。2ミリドリルを投入していきなり目標サイズの穴を開ける。

 掘削オイルは白煙となって立ち登り、掘削は悲鳴のように耳障りな高音を響かせる。そして、ワッシャーは高音になる。これ本当にステンレス製なのか?
 タングステンとかセラミックで出来てるんkじゃないか?

 死屍累々だ。

 ドリルビットは次々にバカになり、あるいは欠け、あるいは折れる。掘れなくなったドリルを力ずくで押し当てて少しでも掘り、更にはワッシャー両側から掘り進めることで1つ1つ大変な苦労をしながら穴を開ける。

 2ミリの穴をステンレスに開けるのって、これほど困難な作業だったのか?
 ステンレス用として市販されているドリルビットって、ここまで無能だったのか?

 計画の完成が、見えない。
 8個のワッシャーに5個ずつの穴を開けて終わりじゃないんだよ。更に大口径ワッシャー8個に、現物合わせで同じ位置に穴を開けなきゃいけない。終わったら、まだ同じだけの作業が残っている。
 無理だよこんなの。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4