Darkside(リンクエラー修正しました)

2019年06月01日の記事

2019年6月1日(土) 21:31

親機にできない

 Jetson Nano に8265を取り付ける。しかし、アンテナが挿さらない。見ると、オスだかメスだか分からないが、8265本体のアンテナ端子と、アンテナに付いているケーブル端子が、同一形状だ。何てこった!購入ミスだ!
 オスコネクターにオスコネクターを挿そうとしているか、メスコネクターにメスコネクターを挿そうとしているか、いずれにしろこれでは使えない。

 などと一時は焦りまくったが、実際は間違っていなかった。同一形状に見えても実際は僅かに異なり、ちゃんと挿さった。余りに小さいために違いが判別できなかった次第。そしてこのコネクターは、挿入困難で有名なようだ。
 ドライバーは既に最新のものが入っていた。ネット上に存在するドライバーより新しいという凄い状況。何も問題もなく、動作した。しかし、IPアドレスが持っておらず、当然ながらWeb動画配信サーバーとなることもできない。
 ではどうすれば、親機にできるのか?hostapd という手頃なソフトっがあるらしい。試してみたら、設定ファイルがエラー出しまくってどうしても動いてくれない。悪戦苦闘というか、死闘の末に、完全に、やられた!

 8265は仮想Wi-Fi機能をサポートしていなかった。hostapd だけでなく、Windows 系でメジャーな SoftAP でも使えない。Windows
なら対策があるが、Jetson Nano には関係ない。
 そもそも無線LANカードを買う前に、AP機能あるいは親機になれるかどうかをチェックするのが当然である。そんなことは分かっている。だが、調査困難なのだ。大半の無線KANカードには、メーカー公式ページがない。ぐぐってもECサイトばかりがヒットし、メーカーページがヒットしない。たまに存在しても、知りたい仕様は書かれていない。
 AP機能・ホストモードが存在するかどうか・・・を確認しようがないのである。

sudo hostapd /etc/hostapd/hostapd.conf -dd
により、hostapd.conf の詳細なエラー情報を取得できる。
 nl80211 がドライバーとして使えないとエラーが出る。unknown ということはありえないので、invalid
だということだ。

 nl80211 以外の何を指定しても、同じエラーが出る。つまりは、そういうことだ・・・8265が親機になる機能を有していないため、どんなドライバーであろうと
invalid だ。

 非常に恐ろしい事態であると悟る。
 Jetson Nano を無線AP化してカメラ映像を配信するためには、「ソフトウェアアクセスポイントが可能」「Jetson Nano で使用可能」という2条件を同時に満たさねばならない。いずれも、かなりキツい。特に後者に関しては、使用可能機種のリストが殆ど出回っていない。公式イチオシの8265が完全な外れカードだったのが判明したばかり。
 Jetson Nano はインテルの同系列の無線LANカードでさえ、8265が使えるのに8260は使えないってぐらいシビアである。使えるかどうかは、挿してみなければ分からない。発売から2ヶ月しか経っておらず、更に大半のユーザーがAI目当てなこともあり、使えるWiFiカードに関する情報は極端に少ない。もはや自分で人柱になるしかない。

 2条件を同時に満たすカードが発見できない限り、やりたいことが実現できず
Jetson Nano をSタンクに搭載する意味が無くなる。それは、将来の拡張性も諦めることを意味する。そのうちAI戦車やってみたいなぁ・・・というのも幻になるわけだ。
 ただし画像合成という目先の目的だけなら、ラズパイを搭載すれば多分可能だ。ラズパイは情報が豊富であり、無線親機にできることも分かっている。

 逆方向から、hostapd が対応している可能性が高い Qualcomm Atheros シリーズのカードを探す。スペックが8265に極めて似ている QCNFA344A を選択した。これを Jetson Nano に挿して認識されるかどうかは、やってみなければ分からない。情報はどこにも存在せず、完璧な博打だ。

written by higashino [Sタンク 1/16] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4