Darkside(リンクエラー修正しました)

2019年09月03日の記事

2019年9月3日(火) 21:02

どう頑張っても詰まる

 実はベベルギアのシム調整をしていなかったので、キッチリと行う。

 小さい方は、ベアリングとの間にステンレスパイプを入れる。これは少しずつ削って、ベベルギアの噛み合わせ具合を見る。
 長さ3.5ミリで、ちょうど良い感じになった。装弾試験再開。

 だが段差を滑らかにしたのに、相変わらず数十発でBB弾が詰まる。症状は、改善されない。

 こうなると、BB弾の出力部分を作り直すべきだろう。

 曲がったパイプがあると、出力部分をスマートに段差無しに製作できる。そして当然、世の中には、曲がったパイプが売られている。
 ところが、幾ら探しても直径2センチぐらいのものしかないのだ。それより小さなパイプは、曲がった状態で売られていない。

 これに限らず、模型製作に適した超小型のものが売られていないという現象が、多発している。改造模型を製作したり、フルスクラッチ模型を製作する場合、でかいものしか市販されていないせいで大変な苦しみを味わう。
 これの小さいの売られていたら、どれほど製作が楽になることか!何度そう愚痴を言う羽目になったことか・・・

 仕方ないので、万能製作案その1を試す。
 例のスプリングを曲げて、ハンダ付けで固定。更に、金具をハンダ付けして強化。

 だが、BB弾を入れると途中で詰まった。

 スプリング線の隙間が開き、どうしてもハンダが余分に侵入してしまう。

 この手法でBB弾が詰まらないよう製作するのは、苦労しそうだ。

 そこで、第2案の登場。

 真鍮パイプから、一体化状態で切り出す。

 ステンレスパイプを使いたいが、BB弾を通すのに適したサイズのものが入手できないことは既出。

written by higashino [ラジコン用エアガン] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4