Darkside(リンクエラー修正しました)

2020年03月12日の記事

2020年3月12日(木) 21:02

測定器の準備

 2号ジャンクの光ファイバー引き出し部分の殻を切断し、内部の光ファイバーと樹脂チューブだけ剥き出しにする。

 やることは単純だが、これ実際の作業は相当に厄介。

 秋月の電圧電流計を、試験用48V電源に取り付ける。

 電流制限抵抗も、取り付ける。

 これで、レーザーダイオードに流れる電流と、レーザーダイオードの順方向電圧を、同時に確認できる。

 そしてそのときの光出力を測定する、のも重要。

 センサー部分だけ購入し、自作したパワーメーターを引っ張り出す。1号ジャンクの試験で使用したときにセンサー部分を溶かしてしまったが、無事な部分に低出力で照射するなら使えるはずだ。
 元はラジコンバッテリーを接続するようになっていたが、エネループ6本を使えるよう修正。大した電流を必要としないものまで何でもかんでもラジコンバッテリー対応にすると、得てしてラジコンバッテリーが足りなくなる。

written by higashino [ファイバーレーザー] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL
Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4