Darkside(リンクエラー修正しました)

2007年8月10日(金) 10:35

ネタ

 ようつべニコニコと聞いて何のことか分からない人はそう多くあるまい。メジャーな動画投稿サイトである。前者は世界相手なのに対し後者は日本専用。ようつべにはグリーンレーザーに炭酸ガスレーザーなど赤外線レーザーも含めて、大量のレーザー動画が溢れている。しかしニコニコには殆ど存在せず、日本がレーザー環境で劣りまくっている事実を示している。
 日本優位なのはアニメやゲーム。だが、これまた両者は違う。ニコニコは閲覧者がコメントでツッコミを入れられるのが最大の特徴であり、それを前提にしたボケがうまい動画が人気だ。レーザーネタやラジコン戦車ネタでもいずれそんな動画を作ってみたいものだ。

 しかしここで話題にするのはゲーム動画。
 ようつべならいわゆるスーパープレイのようなオーソドックスなものがウケるが、ニコニコなら・・・バカゲーだな。すっかり忘れていた名前を思い出した。ランナバウト。検索エンジンでは自分の表サイトが上位に来るようなマイナーゲームだが、ネタとしては使える。しかも、皆無とは言わないが現状余り多くの動画が出回っていない。
 ランナバウトはシリーズとしてこれまで5作品あるが、もちろん初代だ。ハリウッドのシリーズものでも囁かれるように、シリーズものは第一作が一番面白かったりする。もちろん、映像的には後のものほど凄い。だが、映像が凄くても面白いかどうかは別だし、そもそも動画投稿サイトの画質は悪いため大してハンデとならない。

 ところが、古いゲームなだけに行方不明。わざわざ買い直すにも、中古屋にも置いてるかどうか?
 不安だったがさすがに秋葉原は強い。無事に1029円で再捕獲。パッケージが記憶とは違っていた。既に記憶もあいまいだ。

 ネタ動画作るにはそれなりにやりこまねばならないため、すぐには生かせない。しかし最初からやってみると、やっぱり面白い。メモリーカードのデータなど当然残ってないから攻略し直し。コースの記憶も殆ど消えてるからもちろんやり直し。

 以前持っていたのは貸しっ放しかもしれない。面白くてもゲームはいずれ飽きる。そうなっても現在では、ゲームをネタにして動画作りするという昔には無かった楽しみが生まれている。動画投稿サイトはゲームをより長く楽しめるようにしてくれた。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4