Darkside(リンクエラー修正しました)

2007年8月21日(火) 17:18

ランナバウト動画

 ある程度映像が溜まって、順調に公開中。
 ランナバウトは基本的にブッ壊し歓迎だけど、実際はただ壊すだけではすぐ飽きる。そこにゲーム性があるから面白い訳で、クリアするには時間制限がある。何か壊せば必然的に速度が落ち、時間を食ってしまう。また、クルマにはダメージが溜まり、壊してばかりだと自分が壊れてしまう。ゲーム性はバランスの良い制約によって生み出される。

 公開を前提とした動画では更に、ギャラリー受けという要素が加わる。ゴルゴ13のごとく何1つ無駄なく任務を遂行するだけでは、必ずしも見ていて楽しいとは限らない。かくしてあれこれ知恵とテクニックを絞ることになる。
 映像的に考えた場合、ランナバウトには自動カメラ切り替え機能がある。これは、モノを壊した瞬間にカメラの位置が切り替わって破壊シーンをいろいろな角度から見せてくれるというものだ。いかにもギャラリー向けだが、勝手に視点が変化するためドライバーにとっては非常に操作し難い。だから、カメラ切り替えを無効にすることが出来る。無効化すると普通のレースゲームと同様になり、格段に操作し易くなる。

 これとは別に普通のレースゲームと同じく、ドライバー視点と後方視点の切り替えも可能だ。ただし、一部の車種ではドライバー視点が選べない。
 以上を元に自分が立てた作戦は、ドライバー視点でプレイし自動カメラ切り替えを有効にしておくこと。モノを壊すと客観視点に切り替わり、一段落すると主観視点に勝手に戻る。いちいち操作しなくてもカメラが切り替わるため、ギャラリーからするとかなり面白い。操作はそれなりに難しいが、編集不用でカーアクション映画が勝手に出来上がる。

 これは、いわばランナバウトの紹介ビデオみたいなもの。まあ、こんなゲームです・・・という感じだ。主人公は非合法の運び屋で、富豪の依頼を受けてアイテムを強盗し、そのままクルマで逃走する
(^_^;)
 ニコニコのIDがあれば、高画質高音質版がある → sm885021
 基本的に壊しまくりプレイだが、3つのステージとも試したところ破壊プレイはダウンタウンが一番面白そうだったので舞台に選択した。


 使えるクルマは最初4種類だが、依頼をクリアしたり特定の条件を満たすことで増えて行く。例えば、メトロシティーを無破壊クリアすれば戦車が使用可能となる。同じく試した結果、無破壊プレイはメトロシティーが一番難しそうだったし戦車欲しい!ってのもあって舞台に選択。タイムアタックとかではなく攻略ビデオに近い。要所でしっかり減速し難易度の低いプレイをしているため、マネすれば誰でも戦車が手に入るだろう。
 ネタとしての価値が小さそうなので、ニコニコには投稿していない。


 最後は、思い切りネタに走った動画。
 普通に破壊しまくりプレイのようにスタートするが、途中で想像を絶することが起こる。ランナバウトのプレイ経験者でも滅多に遭遇していないだろう超常現象!
 ニコニコのIDがあれば、高画質高音質版がある → sm851185

 ランナバウトは洋ゲーっぽいが純日本製であり、モノを壊しまくれるが絶対に人を殺せないよう作られている。正確に言えば、人に対する当たり判定が存在しない。轢き殺そうとすると幽霊のようにクルマを通り抜けてしまうのだ。
 ドライバー視点によるプレイは、轢き殺したように見えるというメリットもある。実際にはゲーム中であっても誰も死なないのだが、そこをいかにも殺したかのように見せるのも公開動画作成者としてのウデの見せ所だ。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4