Darkside(リンクエラー修正しました)

2007年11月8日(木) 17:11

データーロスト

 プレステ2はプレステ1に対し、かなりの上位互換性がある。
 ソフトは当然として、プレステ1のメモリーカードも認識してプレステ2のメモリーカードにバックアップ出来るし、プレステ1の周辺機器も刺さる。ネジコンだって普通に使える。
 しかし、プレステ1のソフトを動かすには、殆どの場合プレステ1用のメモリーカードが必要だ。本体がプレステ2であっても、ソフトがプレステ1専用であればセーブをプレステ2専用メモリーカードには出来ない。遊ぶにはプレステ1のメモリーカードが必須となる。ところが、今やプレステ1専用メモリーカードなど、どこにも売っていない。

 プレステ1のメモリーカードは容量小さいわアクセスは遅いわで最悪だったが、それだけに手持ちは少ない。何しろ高価というオマケまで付いていたからな。そこで、サードパーティーが出していたのが、メモリーカードの内容をパソコンに吸い出すハード。これがあれば容量問題とか価格問題は解決し、更にはセーブデータのバックアップになるし他人とデータ交換も出来る。
 大量のセーブデータを残したくなるFF7などでは重宝したものだ。
 ところがここでまた、バックアップ管理というデジタルデータ特有の問題が発生。要するに、バックアップしたデータがどこに行ったか分からない(汗)って話。モータートゥーングランプリの1と2およびごく僅かなデータは唯一の手持ちメモリーカードに入っていたが、それ以外のあらゆるセーブデータは行方不明なのだ。初代グランツーリスモのリプレイデータとかどこに消えた?
(;_;)

 表サイトで公開しているオールドゲームのセーブデータは、殆ど行方不明状態。

 更にはグレーな話をすると、スーファミのROMデータがある。任天堂がFCとSFCの修理を打ち切り、怪しいサードパーティーが互換ハード出してるとは言え実機の寿命終了宣言である。となるとエミュレーターが強い味方だが、それにはソフトのROMデータが必要だ。それらをネットで落とすのはもちろん違法。しかし余りに明白に違法なため、国内のサイトではまずROMを置いているところはない。
 海外サイトから落とすのも違法ではあるが正直バレっこないと落としてる者は結構居ると思われる。しかし、海外サイトにあるROMは当たり前だが海外版のROMから吸い出したモノである。RPGなら英語とかがズラズラと・・・まあ気分一新して楽しむのもいいかもしれないが、やはり手持ちのROMを自分で吸い出して使うのが後腐れ無い。

 SFCだけでなくゲームボーイのROMも吸い出せる比較的リーズナブルなハードが売られていたので、何年か前に集中的に作業し手持ちの殆どのROMカセットを吸い出したのである。
 それもまたセーブデータ同様に行方不明になっている。各種エミュレーターとROM等のデータを集め、ランチャーまでパッケージした貸与絶対不可のヤバいMOなんてあったのだが、しょうじきMOなんて消えゆくメディアに入れておいたらいつドライブが入手不能になるか分からない。HDDだかどこかにデータを移動したのは良いが、今はどこにも見あたらない。
 HDDは時々死ぬものであり、余りダメージがないと思われていた過去の即死事件のどこかで一緒に巻き添えで闇に消えたのかもしれない・・・

 HDDのバックアップは当然取っているが、まるごとはキツいので重要データだけである。そして、エミュレータとかROMとかセーブデータは、「重要」とはみなしていなかったのである。それもちょっと妙な話で、重要とは思ってバックアップは取ったがどこに取ったか忘れたかもしれない。ともあれ、その程度の扱いだった次第。
 実際、あれば嬉しいし行方不明の現状は残念に思うが、それほど致命傷を受けたって気分でもない。そのうち発見されるかもしれないしそうなればボーナス貰った気分だな・・・というところか。
 しかし、もっと致命的なデータで同様のことが起きるかもしれない。

 デジタルデータは劣化しないしバックアップを幾らでも取れる。しかし、壊れないバックアップメディアが無いためバックアップを取り続けそれらを管理するのが大変になっている。
 一番のネックは、HDD以外の外部記憶装置の容量が全然大きくならないこと。特にメディアの寿命という点でメリットの大きいオプティカルメディアが最悪に進歩が遅い。MO時代は高速なHDDに対し遅いけど大容量なMOという感じで、バランスが取れていた。ところが現在では、高速で安価で大容量なHDDのバックアップを取れない。HDDよりも遅くて小さくて高価なバックアップメディアしかない。ブルーレイみたいな細切れメディアで一体何をしろと?
 遅いけど50ギガではなく50テラの容量がある光ディスクとか現時点で存在すれば、バックアップ管理も楽になるのだが。

 HDDメーカーに対しても、いいかげん平均故障間隔なんて何の役にも立たない数値で飾るのを止めるよう言いたい。
 ユーザーが必要なのは、平均寿命の方だ。平均故障間隔が50万時間なんて無意味。平均寿命50万時間のHDDを出せ。出せないならせめて平均寿命の併記もすべし。現状はほとんど詐欺。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(3)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

『データロスト対策』

と、言う程立派な物では有りませんが、癖というのか…
大切なデータはDVDに焼くんですが、何個も焼いちゃうんですよね…
別のものを焼くときに、余ったスペースとか。
そのおかげで無くす事はあんまり無いが、
自分でも何処に何が有るのか分からない\(^o^)/
効率的に管理する方法は無いものでしょうかね…

written by MiGMiGにしてやんよ

『HDDクラッシュ』

つい最近壊れましたよ。中古探してきて基板交換で直りましたが・・・。2年弱でした。
ホログラムディスクが実用化されればオプティカルメディアも一気に追いつきますね。ブルーレイやHD-DVDはbetaほども普及せずに消えていくのかな〜

written by dorachemist

『DVDの寿命』

DVDもまたメディア寿命が信用出来ないですからね。
信頼性の高そうな殻付きDVD-RAMもバックアップに使ったものの、4.7GB×2という絶望的な細切れに管理不能状態。で結局はHDDバックアップしかない。HDDもまたインターフェイスの互換がヤバく、動かさないから長期間保存なんてしてるといざ必要になったとき、パラレルIDEなにそれ?状態かもしれない。

written by IDK

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4