Darkside(リンクエラー修正しました)

2008年5月13日(火) 17:13

つべパワーアップ

 動画公開サイトとして最近ようつべが強力にパワーアップしている。品質の問題からニコニコで公開せざるを得なかったソースが、ようつべで公開出来るようになっている。強化された機能は最近実現されたものもあれば実はかなり以前から実装されているものもある。だが、強化時期によらずとにかく現状で実現している機能の数々を見てみる。

1)最大動画容量

 ニコニコでは事実上の専用サーバーである SMILE VIDEO の容量制限が2GBと、動画用途としてはかなり小さい。プレミアム会員になっても8GBだ。それに対し、ようつべは無制限。動画1本の最大容量も、ニコニコが100MBなのに対し、ようつべは1GBである。以前はようつべも100GBだったが、最近大幅に緩和された。
 ただし、ニコニコは100GB以内なら動画の再生時間は無制限。質に目をつぶって長時間動画をアップすることも出来る。しかしようつべは10分以内という制限がある。

2)サーバーサイドエンコード

 アップした動画はニコニコないしようつべのサーバーに保存される。だが、それがそのまま公開されるのではない。
 サーバー内部でエンコードされ、ビットレートの下がった動画ファイルが公開される。ニコニコはこれによる劣化が大きいため、いかにサーバーエンコを避けるかが問題となる。これに対し、ようつべはサーバー内でエンコードされようがされまいがどっちみち劣化が酷過ぎたため、余り気にする必要がなかった。ところが最近になって、ようつべのサーバー内エンコードが高品質になった。
 従来とほぼ同じエンコードに加えて、より高品質なエンコードが行われ「この動画を高画質で見る」というリンクが付加されるようになった(付加されない場合もあり条件はまだ不明確)。
 高品質モードだと解像度が480×360あるため、以前問題になった「ディグダグで縦の解像度が足りない」という問題も解消された。

 昔アップした動画も再エンコードされ高画質モードが有効になったものがある。だが、自分の場合は将来高画質化される可能性など考えていなかったため320×240の mpeg1 など低画質でアップしたものがほとんど。失敗した・・・再アップすると既に付いているコメントとか再生数とか引き継げない。

 そこで、なぜか敵3匹の動画より大幅に再生が少なかったディグダグ敵4匹残したままノーミス掘り尽くしを削除し再アップしてみた。
 こちらは、先日ニコニコにアップした100万点までのダイジェスト動画の同じく高画質版。

3)再エンコード回避

 十分に高画質な動画をアップすれば勝手にサーバーがそれなりの高画質動画として公開してくれるようになった、ようつべ。これにより大幅に利用価値が高まった。しかし、問題は音声だ。高画質版であっても音声はモノラルのままなのだ。どうしてもステレオ音声が必要なら、ニコニコを使わざるを得ない。ところが実は、ようつべでもステレオ音声の動画を公開することは可能だ。
 低画質の動画をアップすることで、サーバーによる再エンコードを回避すれば良い。生演奏などで高音質ステレオ音声+紙芝居映像という場合などに使える。条件は、音声と映像合わせたビットレートが 350kbit/sec 以下で、音声エンコードが mp3 映像エンコードが FLV1(H263) であること。解像度は高くても構わない。

 ニコニコでは FLV4 が使えるのに比べると映像の品質は全く期待出来ない。しかし、エコニミーモード回避(しないとモノラルになる)では
300kbit/sec までというニコニコに対し、音声でアドバンテージがある。mp3 の最大ビットレート 320k が使えるのだ。

4)統計情報

 動画品質には直接の影響がないが、ようつべでログインし自分の動画一覧に入ると Insight ボタンが増えている。
 これを押すと、Google Analysis のサブセットみたいな情報が得られる。日別のアクセス数の推移とか、アクセス元の国とか、リンク元が分かるのだ。これは、かなり興味深い。日本国内の分布までは分からないのが残念ではあるが、外国人気だけやたら高い動画とかある。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4