Darkside(リンクエラー修正しました)

2008年10月16日(木) 17:13

万能エミュレーターが無い

 プレステのエミュレーターは数こそ多いものの大半は開発が中止されてホームページも閉鎖されたり、市販品はとっくに売っていないというパターン。選択の余地は少ない。現状でかろうじて開発が続行されているのは
ePSXe ぐらいで、それも今年になって作者が4年ぶりに再開したという状況。つまり、TAS製作に障害がある場合、バージョンアップにはほとんど期待できないという意味でもある。


ePSXe PCSX SSSPSX PSXeven
ネジコン ▲1
QS/QL ▲2
開発続行 × × ×
MTG1 × ×
MTG2
RUNABOUT1 ▲3 ▲3
RUNABOUT2

QL するといずれのエミュレーターもエンジン音が消える
▲1 アクセルとブレーキが分離しない
▲2 QL直後の1秒ほど画面ブラックアウト
▲3 BGMが違う (CDDAの読み出し位置が変?)
PSXeven はBGMがスローテンポ。BGM怪しい。

 真っ先に脱落するのは SSSPSX である。TAS製作にクイックセーブ&ロードは必須であり、それに問題があるためだ。QLすると画面が1秒ほどブラックアウトし、しかもその間もゲームは進行している。その1秒ほどは映像が得られないのため、TAS動画も作れない。
 PCSX と PSXeven はいい勝負だが、サウンド再生の完成度で PCSX が上回る。PCSX
を使うことで、ランナバウト2ならTAS製作出来そうだ。ランナバウト1はBGMがおかしくなるがプレイに支障はない。オリジナルのランナバウト1はBGMを消したり差し替えたりできないので、BGMが変わるのは逆にネタとして使えるかもしれない。そう考えるとランナバウト1もTAS製作が可能。

 MTG2は自分的にTASを作りたい気がしないので、動作しようがしまいが問題ではない。MTG1が動かないのは痛いが、マイナーゲームであり実際にプレイ動画も需要も少ないと判明している。諦めるのもアリだ。

 ePSXe がバージョンアップしてパッドプラグインに対応してくれればすべて丸く収まるが、PS
to USB なアダプターとして別のハードを試す選択肢はある。ePSXe 内蔵のネジコンエミュレーターが分離取得可能なボタンに割り当ててくれる
PS to USB アダプターが存在すれば、▲1は○に変化する。

 すべてのエミュレーターで、QL するとエンジン音が消える。となると、原因はエミュレーター本体ではなくサウンドプラグインかもしれない。プラグインを変えれば改善されるかもしれない。問題なのは、使用しているサウンドプラグインの再現度が圧倒的にすぐれている点だ。もうオリジナルの音とほぼ区別できない。だから、これを変えるともし
QL 後にエンジン音が出るようになってもサウンド自体は質が落ちてしまう。

 TAS製作に入るなら、他にも細部の問題に検証が必要だ。例えば QS/QL により1フレーム脱落するなんてコトは無いのか?
 ビデオキャプチャーするにはダウンスキャンコンバーターを使いたいが、ここでもフレーム脱落することはないのか?
 QS/QL でキーボードを叩くなど運用上不可能なので、F1キーやF3キーを別の手段で入力せねばならない。最適な代替手段とは?

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4