Darkside(リンクエラー修正しました)

2008年10月27日(月) 19:29

リプレイ機能

 TAS製作は面倒だが、しょせん「失敗すればやり直せばいい」世界だろう。通常のプレイ動画で魅せる方が遙かに難しいし精神的負担もでかい。そう自分も考えていた。だが、楽になった分に応じて鑑賞者の要求が高くなるため、実際には楽にならない。確かに失敗が許されるという点では極めて精神的に楽だが、一方では事実上のスロープレイ必須という苦痛もある。
 ゲームというものは、オリジナルの速度で遊ぶのが最も楽しい。スロープレイというだけで、ゲームを本来ほど楽しめなくなってしまう。実機プレイとは違う意味において、精神的に辛いのだ。通常のプレイに比べて「作業」という性格が強くなる。難易度が下がるからと言って、ゲームより作業の方が楽などと言えるのか?

 簡単=選びたい、という図式ではないだろ。

 さて、いずれにしろTAS動画を仕上げるのはTASプレイ以上に苦しい作業を強いられそうだが、いきなり気付いた。リプレイ機能をゲームが持っているレースゲームを使えば、エミュレーターがリプレイ機能を持っている必要はないじゃないか!
 普通にクイックセーブ&ロードを使ってプレイし、走り終わったらエミュレーター上で動作中のゲームソフトでそのままリプレイを保存する。そのリプレイを再生すれば、消えた1フレームだの音声シンクロだの悩む必要はいっさいなくて、完全にスムーズで通しのTASプレイが流れるんじゃないか?

 残念ながらランナバウトは1も2もまだリプレイ機能が無い。ISOイメージを吸い出せたレースゲームではモータートゥーングランプリ2の他に初代グランツーリスモもリプレイ機能がある。メジャー度ならもちろんGTが圧倒的に上だ。そもそも今回リプレイ機能を思い出したのもニコニコでGTのリプレイ動画を見たからだ。リプレイはカメラ位置が変化するため、プレイ動画の代替ではなく観賞用としてならすぐれているとも言える。
 ところが、PCSX ではGTが動かない。一見動くようだが、走行開始の瞬間にエミュレーターが強制終了してしまう。

 仕方なく、MTG2の方を動かしてみる。
 まずはクイックセーブ&ロードを使わずに走りきり、リプレイさせてみる。もちろんすべてがエミュレーター上での動作だ。ちゃんと再生された。ではクイックセーブ&ロードを使いつつ走り切ったらどうか。ちゃんと連続した正常走行がリプレイされるのだろうか?
 フットスイッチを駆使しながらプレイを続け、7割ぐらいまで来たところで画面がブラックアウト。音だけ鳴っている。げげっ PCSX では未経験だったがプレステ用エミュレーターで良く聞く症状が出たのか?

「クイックセーブ&ロードを繰り返すと不安定」

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4