Darkside(リンクエラー修正しました)

2012年7月19日(木) 21:13

壁走りとウィリー

 試してみると、psxjin ならば初代GTが動くと判明。
 しかし、psxjin はネジコンに対応していない。だが、タイムアタックではなく最高速チャレンジならネジコン無しでも作れるのではないか?
 最高速はオーバルコースで壁走りするので、コマ送りとアナログコントローラーの組み合わせでも作る気になれる。

 だが、タイムアタックにしろ最高速にしろ、遅れて参入する者は最初に行わねばならないことがある。言うまでもあるまい。現行記録の調査だ。
 ネット上では、初代GTの場合3556キロまで確認できた。更に上があるかもしれないが、TASというからには最低限コレは破らねば話にならない。しかし、壁走りだけでは3000キロオーバーなんてまず無理。もう1つの裏技と組み合わせねばならないようだ。

 初代GTは、ホイールスピン中は速度が上がりまくる。もう1つ、ウィリーすると空気抵抗がゼロになる。
 ところが、普通はウィリーしない。横転防止処理の関係で、片輪走行は簡単にできる。だが、ウィリーは別だ。

 ウィリーセッティングのポイントは、ダウンフォース。
 フロントを最低にし、リアを最高にする。これで、前が浮き易くなる。速度が上がるほど空力が増大し、浮き易くなる。そこで、壁走りによる超加速を行い、通常では出せない速度を出す。すると、ウィリーして空気抵抗が消滅し、更に速度が上がる。

 壁走りは、大馬力の4WDでないと困難。そもそも目的は最高速であって壁走りではないのだから、非力な車種は問題外である。
 R33GTRは馬力最大の4WDだが、壁走り中の姿勢制御が難しい上にウィリーしてくれなかった。実機プレイの壁走りで最高速を出してくれたGTO LMを当面使うことにした。

 後々を考えて、RAMサーチしてみる。

 シフトが 000ADBC8
 時速が 000ADBCC
 回転数が 000ADBCE

 このあたりはかなり確からしい。しかし、複数のメモリーが同期して変化したりしており、断言できない。もっとも、TASはチートを行わないのでメモリーには書き込まない。読み出しだけである。だから、実は違う場所を見ていても値さえ合っていれば実害はない。

 問題は、壁走りの姿勢制御に使いたい値が不明なこと。
 車の向きは、000ADBF8 が怪しいがはっきりしない。
 スピン速度という最も欲しい値に至っては、000ADBFC とか 000AE276 とか、怪しいメモリーが幾つかあるがこれもはっきりしない。これでは、メモリーを見ながら姿勢制御という野望は実現できない。

 そうなると、GTO LMはまだしも制御の大変なR33GTRでTASは困難極まる。幸か不幸か、R33GTRはウィリーしてくれないので心置きなく没に出来たが・・・

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4