Darkside(リンクエラー修正しました)

2012年7月28日(土) 20:17

今度はSSR11

 ひとまず好評だったので、どうせなら SSR11 もTASを作ってみたい。
 SSR5 とは逆に左サイドの壁を使って加速するのは、実機タイムアタックでも使用されるポピュラーな手法。

 だが、SSR11 はテクニカルコースであり、壁加速を続けるのが難しい。ホームストレートは快適に超加速できるが、序盤の複合コーナーが厄介過ぎる。思い切り減速して平凡な走りをするしかない。
 面白い映像になりそうにないので、いったん断念した。

 だが、複合コーナー後は壁加速し易そうなコーナーが多い。
 序盤さえ何とか切り抜ければ、完全なTASが作れそうに思えて来た。そこで、厄介な複合コーナーの抜け方を煮詰めてみる。

 最初から壁加速でたっぷり速度を乗せると、一気にフッ飛ばされる。だが、どう頑張ってもここのイン壁に接触してしまう。回避できない。速度も1フレームで200キロ台に半減してしまう。

 ちなみに右上の記録は、実機プレイで出したもの。もう記憶に残っていないが、たぶん壁にぶつけつつ適当に走ってみただけだと思う。車種はフルチューンR33。
 TAS製作にあたり記録を消去したいが、方法が不明。ネットでも情報転がってないし、現物ソフトは持っているが困ったことにトリセツを紛失してしまった。

 更にアウト側の壁に衝突。これも回避不能。

 ただし、跳ね返った後の進路は、かなり調整できる。問題は、この後どのように走らせれば最速か?という調査である。

 横滑りさせ、ここのイン壁に軽くこすらせてから左に向きを変える。
 これが速そうだ。

 壁の有無に関わらずタイヤが空転すると加速するので、普通に走らせるよりにグリップを失った状態で横滑りさせる方が速いことが多い。
 ただし、グリップが回復すると横滑りは減速要因となる。壁に押し付けて走るのはグリップの回復を避けるためだ。壁抜きの横滑りは、本当に速いかどうか確認しながら使わねばならない。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4