Darkside(リンクエラー修正しました)

2012年8月21日(火) 21:04

ディグダグ 敵8匹残したままノーミス掘り尽くし

 1面と2面で先にベジタブルを取るプレイを挿入したため、9面到達が6〜7秒遅れてしまった。しかし基本的はスピードランではないので、それほど問題ではない。予想通り、制約プレイと言いつつ通常のプレイをTASで行なうのは相当に簡単である。行き詰る不安を感じない。
 だが、いざ9面の本番になれば話は別だ。そもそもTAS製作に手を染めた当初、同じことやろうとして即座に断念した。それほど難しい。

 掘り尽くしの基本は、前半で横方向に掘り、後半で縦方向に掘ること。最大の脅威はファイガの炎なので、横掘りの方が遙かに難易度が高い。よって、最初に横を攻略。無事に横を掘り尽くせるかどうかが問題となる。
 理論上最高速のモリ操作ができれば、8匹でも足止め可能である。だから、とにかく炎をいかに避けるかの勝負。

 これが難しい。しかし、ほぼ戦略は見えて来た。ある程度まで横穴の地層が出来ると、敵を誘導して分散させるプレイも行い易くなる。途中からBGMが高速化するが、実は音声イメージほどには敵は速くなっていない。相変わらず炎が問題で、TAS的には大して変わらない。
 完全に、成功の目算が立った。

 狙い通りのTASが完成したが、これでもなお失敗だったかもしれない。やはり一度完成させるとノウハウが溜まり、改善点が浮かぶ。あっさり公開してしまったが、早まったかもしれない。ただ、掘り尽くしネタは周知されてしまい、8匹でやろうと考える人間が自分以外に当然出現する。そうなると、最初に公開するというコトには意味がある。
 最終版のつもりだったが、いずれ更新版を公開することになりそうだ。

 すぐに更新版を公開したい欲望も強いが、このままだとTAS製作から離れられなくなってしまう。一応第一優先はレーザー銃の製作であり、TASはレーザー銃の製作が中断する際のエコノミーなネタという位置付けである。すぐに製作したい気がすること自体は、望ましい。いざレーザー銃が中断したとき悩まずすぐ代替に入れるからだ。
 ここはじっと我慢してネタを貯蔵しておく。
 引き出しに入れてあるTASネタとしては、

・敵8匹残して掘り尽くしのスピードラン追求更新
・初代グランツーリスモの国際GTレースで俺TUEEEEE
・もともとやりたかったランナバウトやってみよう

などがある。いずれもそれなりに問題を抱えているが、どっちみちメインのネタではない。

written by higashino [ゲーム] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

Darkside(リンクエラー修正しました)

Generated by MySketch GE 1.4.1

Remodelling origin is MySketch 2.7.4